エネルギー企業TotalEnergiesとAdani、世界最大のグリーン水素エコシステムに6兆円超を投資

6月14日、フランスのエネルギー企業TotalEnergies(トタルエナジーズ)とインドの多国籍コングロマリットAdani(アダニ)は、世界最大のグリーン水素エコシステムの共同構築を目的とした、新たなパートナーシップの締結を発表した。

本パートナーシップの下、トタルエナジーズはAdani New Industries Ltd(ANIL)の25%の少数株主持分を取得する。ANILは、今後10年間で500億ドル(約6兆7,515億円)以上のグリーン水素および関連エコシステムへの投資を計画しており、2030年までに年間100万トンのグリーン水素生産能力を開発する予定だ。

ANILは、再生可能エネルギーやグリーン水素の製造から、大規模なグリーン水素の製造、グリーン水素の派生製品を製造する下流施設までのバリューチェーン全体を網羅する、世界最大の完全統合グリーン水素プレーヤーとなることを目指している。

本発表は、インドが2030年までにグリーン水素の生産量を500万トンに引き上げることを目指した取り組みを含む「グリーン水素/グリーンアンモニア政策」を発表したことを受けて行われたものだ。当政策では、グリーン水素やグリーンアンモニアの生産者に対する再生可能エネルギーの供給を加速させるためのさまざまな規定も設けられている。

本パートナーシップにより、Adaniのインド市場に関する知識と実行力、資本管理能力、そしてトータルエナジーの世界および欧州市場に関する理解、金融コスト低減のための信用補完、技術的専門知識が結集される。

【関連記事】世界最大のグリーン水素プラットフォーム、約875億円の融資を獲得

【参照ページ】
(原文)India: TotalEnergies and Adani Join Forces to Create a World-Class Green Hydrogen Company
(日本語訳)TotalEnergiesとAdani、世界最大のグリーン水素エコシステムに500億ドルを投資

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る