住宅クリーンエネルギー・スタートアップのSPAN、約128億円を調達

Home クリーンエネルギー・スタートアップのSPANが約128億円を調達

4月24日、住宅電化技術のスタートアップであるSPANは、研究開発能力の加速と新分野への進出拡大を目指し、9,600万ドル(約128億円)を調達したことを発表した。

2018年に設立されたサンフランシスコに拠点を置くSPANは、住宅の電化を実現し、太陽光、バッテリー、電気自動車を含むクリーンエネルギーの導入を可能にする製品を開発している。同社の製品には、2020年に発売され、顧客に回路レベルの管理、リアルタイムのモニタリング、実用的なエネルギーインサイトを提供する「SPAN Panel」、2022年に発売されたEV充電器「SPAN Drive」がある。

同社は急成長を遂げており、2022年には売上が約600%増加し、従業員数は220名以上に達している。

SPANによると、今回の資金調達は、「家庭内のあらゆる高エネルギー負荷に統合を拡大する」という同社の計画をサポートするものである。同社は、主要な家電製品、スマートホーム機器、グリッドインテグレーションを含む新分野にパートナーシップの範囲を広げることを目指しており、新製品や機能開発を加速させるために、複数のオングリッドおよびオフグリッドのシナリオを模擬できるマイクログリッド環境での高度な製品テストを可能にする新しい研究開発施設を開発中である。

シリーズBの資金調達はWellington Managementが主導し、Congruent Ventures、Capricorn Investment Group、Qualcomm Ventures、Fifth Wall、Munich Re Ventures、A/O PropTech、Amazon Alexa Fundなどの投資家が参加した。今回の資金調達ラウンドで、SPANはこれまでに2億3100万ドル(約310億円)を調達している。

【参照ページ】
(原文)SPAN Raises $96 Million to Accelerate Product Innovation for Its Award-Winning Home Electrification Technology

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る