Deloitte、Workivaプラットフォームでスコープ3排出量計算ツール、ESG報告ツールの提供を開始

Deloitte、Workivaプラットフォームでスコープ3排出量計算ツール、ESG報告ツールの提供を開始

4月21日、グローバルなプロフェッショナルサービス企業であるDeloitteは、Workivaプラットフォームにおける「ESGアクセラレーター」の拡充を発表した。Scope 3排出量の算出、継続的管理モニタリングのサポート、サステナビリティ報告の簡素化ツールなど、組織のESG報告支援を目的とした3つの新ソリューションの発売を開始した。

Deloitteは2022年5月に、ESGデータの収集・管理・報告の支援を目的とした一連のESGアクセラレーターをWorkivaマーケットプレイスで開始した。同社によると、新しいアクセラレーターは、組織のESG報告機能とGRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)機能の間の接続性を提供するように設計されている。

新ソリューションには、バリューチェーン全体のScope 3温室効果ガス(GHG)排出量の把握と算出を支援することを目的とした、 Scope 3レポートカリキュレータとダッシュボードが含まれている。ESGレポートのテンプレートは、組織のESGレポートにおける標準的かつ反復可能な開示を一元化することにより、Workivaプラットフォームにおけるサステナビリティレポート開発を簡素化し、加速させる。

【参考ページ】
(原文)Deloitte Launches New Workiva ESG Accelerators to Provide Deeper Integration With Governance, Risk and Compliance
(日本参考語訳)デロイト、ガバナンス、リスク、コンプライアンスとの深い融合を実現する「Workiva ESGアクセラレーター」を新たに提供開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る