EUとノルウェー、気候変動対策とグリーン・トランジション支援のための提携を締結

EUとノルウェー、気候変動対策とグリーン・トランジション支援のための提携を締結

4月24日、ノルウェーのヨーナス=ガール・ストーレ首相と欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長は、気候・環境保護に関する共同行動を強化し、クリーンエネルギーと産業の移行に関する協力を促進することを目的として、ノルウェーと欧州連合の間で「グリーンアライアンス」を立ち上げると発表した。

EUとノルウェーは、2030年までに55%の排出量削減を目標とし、2050年までに気候中立を約束するなど、同様の気候目標を掲げている。ストーレ首相とフォン・デア・ライエン委員長 は、2022年2月に気候・エネルギー・産業協力の強化計画を発表し、その後、バッテリー生産、重要原材料、エネルギーなどの分野での協力強化に向けた話し合いを行ってきた。

新しい同盟の主な重点分野には、気候変動対策への取り組みを強化し、気候変動への適応、炭素価格、炭素除去、炭素の回収・輸送・利用・貯蔵などの分野での協力や、生物多様性の損失、森林劣化、森林減少の阻止と回復、循環経済の推進、プラスチック対策などの環境問題への協力強化、化学物質や廃棄物の管理、持続可能な海洋管理に関する世界基準の策定などがある。

その他のグリーンアライアンスの優先分野としては、水素やオフショア再生可能エネルギーに焦点を当てたクリーンエネルギー転換の加速、グリーン産業転換の支援、輸送の脱炭素化、規制・ビジネス協力の強化、脱炭素化再生可能エネルギーやバイオエコノミーに関する研究・教育・イノベーションに関する協力、持続可能な金融・投資の推進などがある。

【参照ページ】
(原文)Norway and EU establish Green Alliance
(日本語訳)ノルウェーとEUがグリーンアライアンスを設立

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る