TCFD、金融セクター向けガイダンスを公表

2022年1月25日、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)の気候関連情報開示タスクフォース(TCFD)は、金融機関の気候変動リスクマネジメントと投融資先のカーボンニュートラル移行支援に関する2つのガイダンスを発表した。

本報告書では、物理的リスクと移行リスクの統合的な評価を実施するための理論的原則と実践的ステップを、セクター別の分析例とともに策定。セクターとして石炭火力発電、航空、洋上風力発電の3つを取り上げた。また投融資先のカーボンニュートラル移行支援では、エンゲージメントに関するガイダンスやベストプラクティスを提示している。

この研究は、既存の方法論とツール、そしてワークショップと金融実務家とのインタビューに基づいて作成されている

【参照ページ】
(原文)CLIMATE TANGO: PRINCIPLES FOR INTEGRATING PHYSICAL AND TRANSITION CLIMATE RISK ASSESSMENT WITH SECTORAL EXAMPLES
(日本語訳)クリマテ・タンゴ 物理的・移行的気候リスク評価とセクター別の事例を統合するための原則

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る