BASF、モノマー部門でサステナビリティ・ロードマップを発表

BASF : モノマー部門、サステナビリティ・ロードマップを発表

1月17日、BASFのモノマー部門は、持続可能性に関する野心的なロードマップを発表した。2025年までに、よりCO2排出量の少ない製品のポートフォリオを拡大し、すべての主要製品ラインにおいて循環型の選択肢を提供することを約束した。同時に、事業活動から排出されるCO2を削減するため、技術的な最適化策を優先するという。

温室効果ガス排出量のネット・ゼロ目標には、新しいレベルの炭素の透明性が要求される。そのため、製品カーボンフットプリント(PCF)は、たとえ汎用品であっても差別化要因になりつつある。BASFのモノマー部門は、同社のマスバランス・アプローチを適用して、すべての製品ラインで認定された低PCFオプションを開拓している。例えば、バイオベース原料を使用したPCFゼロのMDIであるLupranat® ZEROや、使用済みタイヤから化学的にリサイクルされた原料を製造に使用し、認定マスバランス・アプローチによって帰属させた繊維産業用の革新的素材であるUltramid® Ccycled™がその例である。

同部門では現在、主要な拠点で200以上の製品がRedCert2またはISCC+の認証を受けています。また、2023年末までに全地域で認証を取得することを目指しており、今後も世界中の顧客向けにマスバランス認証製品のポートフォリオを拡充していく。

【参照ページ】
(原文)BASF’s Monomers division announces sustainability roadmap and expands portfolio of climate-friendly products
(日本語参考訳)BASF社のモノマー部門がサステナビリティ・ロードマップを発表し、気候変動に配慮した製品のポートフォリオを拡充

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る