WEF、リスキリングは世界経済に約1,081兆円のプラスをもたらすと発表

WEF、労働力の再教育により世界経済に約1,081兆円のプラスをもたらすと発表

1月17日、世界経済フォーラム(WEF)のスキル開発イニシアティブ「Reskilling Revolution」は、世界的な人口増加と高齢化、気候危機と地政学的なリスクを背景とした雇用に関する新しい報告書を発表した。「Reskilling Revolution」イニシアティブの下、3億5000万人により良いスキル、仕事、教育が提供され、現在および将来の労働力のスキルは、2030年までに世界経済に最大8.3兆ドル(約1,081兆円)を経済効果をもたらしている。

WEFが2年前に立ち上げた「Reskilling Revolution」イニシアティブは、50人のCEO、25人の大臣、350の組織からなる連合体であり、経済、社会、組織のためにこれらの利益を実現することを約束している。

このイニシアティブは、バーレーン、バングラデシュ、ブラジル、カンボジア、グルジア、ギリシャ、インド、オマーン、パキスタン、南アフリカ、トルコ、アラブ首長国連邦の12カ国の国レベルのアクセラレーターの幅広いネットワークを結集し、デンマーク、フィンランド、シンガポール、スイスからの知識支援を受けている。

このイニシアティブの下、LinkedInとマイクロソフトは、必要不可欠な技術的役割の学習者をさらに1000万人訓練し、認定することを約束している。また、Covid-19の大流行が始まって以来、8000万人がデジタル関連の新しいスキルを習得するのを支援している。iamtheCODEの誓約のもと、2030年までにアフリカと全世界で100万人の女性と少女がコーダーとしての訓練を受けることになっている。

世界経済フォーラムの新しい分析では、アクセンチュアと共同で、2030年までに10の経済圏だけで、グリーンおよびソーシャルセクターに7600万人の追加雇用が必要であることが分かっている。オーストラリア、ブラジル、中国、ドイツ、インド、日本、南アフリカ、スペイン、英国、米国である。

【参照ページ】
(原文)The Reskilling Revolution: 350 Million People Reached with Future-Ready Skills, Education and Jobs
(日本語参考訳)レスキリングレボリューション。3億5,000万人の人々に、将来を見据えたスキル、教育、雇用を提供

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る