ランボルギーニ、2030年までに排出量40%削減を目指す

1月30日、自動車大手ランボルギーニは、バリューチェーン全体にわたる排出削減へのコミットメントを拡大し、自動車1台当たりの排出量を2030年までに40%削減する目標を発表した。

同社は2021年、モデルレンジの電動化と生産拠点の脱炭素化を含む「ディレツィオーネ・コル・タウリ」戦略を発表。2023年に初のHPEV(高性能電動車)ハイブリッド・スーパースポーツカーである「レブエルト」を発表し、2024年には、「スーパーSUVウルス」初のハイブリッド版と、「ウラカン」に代わる2番目のHPEVを発売する予定。さらに、2028年にはEVモデルの販売、2029年にはEV版のスーパーSUVの販売を計画している。これらの戦略により、2025年までに50%、2030年までに80%のCO2排出量削減を目指す。

同社のフェデリコ・フォスキーニ・チーフ・マーケティング&セールス・オフィサーは今回、車両のCO2排出量規制を課題としつつ、トレンドに受け身ではなく、先取りしていくと表明した。その上で電動化は、「制限ではなく、スーパースポーツカーを新時代へ導くチャンス」と述べた。

生産での排出量削減では、2009年にエミリア・ロマーニャ州最大の太陽光発電システムを設置したほか、建物の省エネ認証取得、トリジェネレーション、地域暖房プラントの導入等のアクションを進めている。2022年には、これらの取り組みにより、車両1台あたりのエネルギー消費量を2010年比で36%削減、水消費量は34%削減した。

工場付近のランボルギーニ・パークでは、10,000本のオークの木を植え、ミツバチの研究による汚染物質のバイオモニタリングや、公園のオークの木や土壌におけるCO2や炭素の吸収等の研究を進めている。

同社はまた、2019年からESG基準を設け、サプライヤーの遵守レベルを評価するサステナビリティ評価システム(S-Rating)を導入した。車両と交換部品の輸送も対象としており、過去5年間で、鉄道輸送の比率を4%から35%に引き上げると同時に、完成車の輸送において航空輸送の比率を18%から1%に引き下げた。

【参照ページ】
(原文)Automobili Lamborghini renews its pact with future generations as part of its “Direzione Cor Tauri” strategy
(日本語参考訳)ランボルギーニ、2030年までに排出量40%削減を目指す

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る