米国、クリーン水素戦略を開始

6月5日、バイデン政権は、エネルギー集約型産業で使用される低炭素水素の生産、使用、流通を大幅に拡大し、米国の脱炭素化目標をサポートすることを目的とした「米国クリーン水素戦略およびロードマップ」を発表した。

水素は、クリーンなエネルギーへの転換のための重要な構成要素のひとつであり、特に、風力や太陽光などの再生可能エネルギーによる解決が困難なセクターの排出量削減に役立つ。

現在、米国では約1,000万トン、世界では約9,400万トンの水素が生産されているが、その大部分は化石燃料を使って抽出されており、汚染物質やGHGの排出を生み出している。例えば、米国の水素製造は、主に天然ガスから水蒸気メタン改質により抽出しており、現在、年間約1億トンの温室効果ガスが排出されている。

水素を抽出するプロセスの電源として再生可能エネルギーを使用するグリーン水素のようなクリーンな水素能力の開発には、インフラ、電解、輸送、貯蔵などの分野で大規模な投資が必要となる。

新しい枠組みによると、大規模な水素製造の開発は、「持続可能で公平なクリーンエネルギーの未来を実現するソリューションの包括的なポートフォリオの重要な一部」を形成し、2050年までにネット・ゼロ・エミッション経済を達成するという約束と、2030年に経済全体の排出量を50-52%削減するという中間目標を含む米国の気候目標をサポートする。

バイデン政権は、クリーンな水素を気候戦略の重要な要素と位置づけ、超党派インフラストラクチャー法から95億ドル(約1.3兆円)を水素開発に割り当て、運輸・産業分野を対象としたクリーン水素ハブの開発に80億ドル(1.1兆円)、クリーン水素電解の研究開発に10億ドル(約1,400億円)、水素製造・リサイクルに5億ドル(約7億円)を拠出している。また、インフレ抑制法には、製造税控除を含む水素へのインセンティブが盛り込まれている。

本戦略では、クリーンな水素の生産と利用を2030年までに1,000万トンまで拡大することを目標としており、新しい資本プロジェクトとインフラの構築を通じて、米国で10万人の純増雇用を創出する。2050年には、クリーンな水素の生産量を5,000万トンまで拡大し、米国の排出量を10%削減することを目標としている。

目標を達成するため、ロードマップは、クリーン水素の戦略的でインパクトのある用途をターゲットとし、化学、鉄鋼、精錬、大型輸送、長期エネルギー貯蔵などの市場で最も価値の高い用途での利用を確保するなどの3つの主要戦略に焦点を当てている。
1つ目は、クリーン水素のコストを削減すること。2030年までにクリーン水素の生産量を1kgあたり1ドル(現在の約5ドル/kg)にすることを目標とする。2つ目は、材料やサプライチェーンの脆弱性に対処する努力を行うこと。3つ目は、地域ネットワークに焦点を当てること。優先度の高い水素ユーザーの近くで生産できるように、地域のクリーン水素ハブを拡張するための投資、生産、流通、貯蔵における規模の拡大を推進する。

【参照ページ】
(原文)Biden-Harris Administration Releases First-Ever National Clean Hydrogen Strategy and Roadmap to Build a Clean Energy Future, Accelerate American Manufacturing Boom
(日本語参考訳)米国、クリーン水素戦略を開始

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る