世界最大のグリーン水素プラットフォーム、約875億円の融資を獲得

世界最大のグリーン水素プラットフォーム、約875億円の融資を獲得

6月9日、カナダのManulife(マニュライフ)、Alberta(アルバータ)投資管理公社(AIMCo)、オンタリオ教員年金基金などの投資家グループと、シンガポールのGICは、世界最大のグリーン水素プラットフォームへの6億5000万ドル(約875億円)の出資を発表した。

本融資は、ベンチャーキャピタルのHaddington Ventures(ハディントン・ベンチャーズ)が組成したシンジケーションプログラムであるHaddington ESP Iを通じて行う。Haddington ESP Iは、Advanced Clean Energy Storage Joint Venture (ACES Delta)が開発するプロジェクトに建設資金を提供する予定である。

ACESデルタは、三菱パワーアメリカスと Magnum Development(マグナム・ディベロップメント)の合弁会社である。 Intermountain Power Agency(IPA)との契約に基づき、1日最大100トンのグリーン水素を製造する電解槽を備えたグリーン水素貯蔵ハブを、ユタ州のデルタ近郊で開発している。

Haddington ESPからの最初の資金は、水を水素と酸素に分解する220 MWの電解槽に、再生可能エネルギー資源を利用して電力を供給するプロジェクトに使用する。得られたグリーン水素は、塩のドーム型貯蔵窟に貯蔵され、IPAに提供される。IPAは、水素を天然ガスプラントで使用・発電する計画を立てている。

ハディントン・ベンチャーズによると、今回の資金調達後、水素ハブの建設は今月中に開始でき、2025年の操業開始を予定している。

【参照ページ】
(原文)HADDINGTON VENTURES ANNOUNCES $650 MILLION EQUITY SYNDICATION PROGRAM TO FINANCE THE WORLD’S LARGEST GREEN HYDROGEN PLATFORM
(日本語訳)ハディントン・ベンチャーズ、世界最大のグリーン水素プラットフォームへの出資に向け、6億5千万ドルの株式シンジケーションプログラムを発表

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    2022-6-28

    低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    6月24日、低炭素建築技術企業のVestackは、成長の加速、増産、研究開発の資金調達を目的として…
  2. Neste・ATR・Braathens、100%持続可能な航空燃料による初フライトを実施

    2022-6-28

    Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

    6月21日、再生可能燃料供給会社Neste、リージョナル航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会…
  3. G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    2022-6-28

    G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    6月26日、ドイツで開催されたG7サミットで、主要先進国の首脳は、主に途上国に焦点を当てた「質の高…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る