エネルギー会社Ørsted、2025年までに40万トンの炭素回収・貯留を目指す

6月13日、エネルギー供給会社であるØrsted(オルステッド)は、デンマークの2つの発電所で炭素回収を行う計画に基づき、2025年から年間40万トンの炭素を回収・貯蔵する計画を発表した。

炭素回収は、ニュージーランド西部のカランボーにあるアスネス発電所(木屑焚き)とグレーターコペンハーゲン地域にあるアヴェデーレ発電所の藁焚きボイラーに設置される予定だ。

オルステッドによると、2つの熱電併給(CHP)プラントは地域暖房システムであるグリッドに接続され、炭素燃料やグリーン燃料の取り扱いと出荷のハブとして機能する。また、自社の炭素を回収・輸送するだけでなく、他のプレイヤーが生産した炭素を輸送するハブとしても機能する。

また、同社はエネルギー会社であるKalundborg Refineryと、製油所から排出される炭素をアスネス発電所まで輸送する可能性について協議している。発電所と製油所は炭素の回収と貯留に注力し、Avedøre発電所のわら焚きボイラーは炭素を回収して、船舶や航空業界向けのグリーン燃料の開発を目的としたPower-to-Xプロジェクト「Green Fuels for Denmark」の初期段階に提供する予定である。

また、オルステッドは、将来、同社のCHPプラントで使用する持続可能なバイオマスのニーズを、主にデンマークや周辺国のわらや木材チップで満たすことができると試算している。2030年から輸入チップの使用を減らすことを決め、2030年代半ばからボイラー燃料として主にデンマーク産バイオマスを使用する見込みである。

【参照ページ】
(原文)Ørsted to capture and store 400,000 tonnes of carbon in 2025
(日本語訳)Ørsted、2025年までに40万トンの炭素回収・貯留を目指す

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る