コストコ、活動家のキャンペーンを受け、バリューチェーン全体の排出量目標を設定することを約束

 

11月15日、環境と社会に焦点を当てた投資家であるGreen Centuryは、1月のコストコの年次総会で、ネット・ゼロの目標を設定するよう気候変動に関する提案を行い、成功を収めたと発表した。

Green Centuryによると、コストコはS&P50社のうち、まだ主要な気候変動対策を設定していないわずか3社のうちの1社である。決議案では、この分野で同業他社に遅れをとると、コストコにとって「市場シェアの制限、政府の義務に対応できない、風評被害など」の重大なリスクが生じる可能性があると指摘し、Walmart、BestBuy、Target、McDonald’s、PepsiCo、Nestle、Kelloggなどの小売・食品競合企業がスコープ1、2、3の排出量を測定し、科学に基づく排出量の削減目標を追求していることに言及した。

本決議は、同社に対し、「2050年またはそれ以前にネット・ゼロエミッションを達成し、2030年より前に適切な排出削減を実施するために、同社の全バリューチェーンからの排出を含む、短期、中期、長期の科学に基づく温室効果ガス排出削減目標を採用する」ことを求めている。

コストコの取締役会は、本決議に反対するよう株主に勧告したが、70%の株主の支持を得て可決された。

これまで、コストコは、Scope1と2の目標を部分的に設定しているだけで、冷蔵装置におけるハイドロフルオロカーボン(HFC)の段階的廃止や再生可能エネルギーの目標などの分野を対象とし、年間2%の排出量削減を約束している。コストコは、小売業の温室効果ガス排出量の大部分を占めるサプライチェーンからの排出を含むスコープ3の排出量については、まだ公表していない。

Green Centuryによると、コストコは、2022年にスコープ3の総排出量と行動計画を開示し、2023年にスコープ3の削減目標を設定することを約束した。また、2022年12月に改訂された気候変動対策計画の一環として、スコープ1と2の排出量目標と行動計画を更新することも約束している。

Green Centuryの株主擁護担当ディレクター、Annie Sandersは、同社が気候目標を設定する動きを認める一方で、さらに踏み込んで、科学的根拠に基づく目標設定イニシティチブ(SBTi)と目標を整合させるよう求めた。

【参照ページ】
(原文)RELEASE: Green Century shareholder proposal prompts Costco commitment to set new climate emissions reduction targets
(日本語訳)コストコ、活動家のキャンペーンを受け、バリューチェーン全体の排出量目標を設定することを約束x

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る