コストコ、活動家のキャンペーンを受け、バリューチェーン全体の排出量目標を設定することを約束

 

11月15日、環境と社会に焦点を当てた投資家であるGreen Centuryは、1月のコストコの年次総会で、ネット・ゼロの目標を設定するよう気候変動に関する提案を行い、成功を収めたと発表した。

Green Centuryによると、コストコはS&P50社のうち、まだ主要な気候変動対策を設定していないわずか3社のうちの1社である。決議案では、この分野で同業他社に遅れをとると、コストコにとって「市場シェアの制限、政府の義務に対応できない、風評被害など」の重大なリスクが生じる可能性があると指摘し、Walmart、BestBuy、Target、McDonald’s、PepsiCo、Nestle、Kelloggなどの小売・食品競合企業がスコープ1、2、3の排出量を測定し、科学に基づく排出量の削減目標を追求していることに言及した。

本決議は、同社に対し、「2050年またはそれ以前にネット・ゼロエミッションを達成し、2030年より前に適切な排出削減を実施するために、同社の全バリューチェーンからの排出を含む、短期、中期、長期の科学に基づく温室効果ガス排出削減目標を採用する」ことを求めている。

コストコの取締役会は、本決議に反対するよう株主に勧告したが、70%の株主の支持を得て可決された。

これまで、コストコは、Scope1と2の目標を部分的に設定しているだけで、冷蔵装置におけるハイドロフルオロカーボン(HFC)の段階的廃止や再生可能エネルギーの目標などの分野を対象とし、年間2%の排出量削減を約束している。コストコは、小売業の温室効果ガス排出量の大部分を占めるサプライチェーンからの排出を含むスコープ3の排出量については、まだ公表していない。

Green Centuryによると、コストコは、2022年にスコープ3の総排出量と行動計画を開示し、2023年にスコープ3の削減目標を設定することを約束した。また、2022年12月に改訂された気候変動対策計画の一環として、スコープ1と2の排出量目標と行動計画を更新することも約束している。

Green Centuryの株主擁護担当ディレクター、Annie Sandersは、同社が気候目標を設定する動きを認める一方で、さらに踏み込んで、科学的根拠に基づく目標設定イニシティチブ(SBTi)と目標を整合させるよう求めた。

【参照ページ】
(原文)RELEASE: Green Century shareholder proposal prompts Costco commitment to set new climate emissions reduction targets
(日本語訳)コストコ、活動家のキャンペーンを受け、バリューチェーン全体の排出量目標を設定することを約束x

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る