CDP、企業の気候変動対策と関連する情報開示の状況を評価した新レポートを発表

 

3月3日、CDPは、企業の気候変動対策と関連する情報開示の状況を評価した新レポートを発表した。本レポートは、企業の気候変動情報開示における大きなギャップを示しており、信頼できる排出削減目標を有していると評価された企業は3分の1強、気候変動に焦点を当てたCDPの主要指標をすべて報告している企業は1%未満であることが明らかになった。

本レポートは、2021年にCDPに開示された13,000以上の組織に基づいている。CDPは、2021年調査から「気候変動」「森林」「水」の主要な環境カテゴリーにわたる企業スコアを発表している。

CDPの報告書から得られたその他の主な結果として、業種別では金融サービス・電力・化石燃料セクターで気候変動計画の開示率が最も高く、24の指標すべてについて報告している企業は5%であった。運輸・アパレル業界は0.3%未満と最も低かった。CDPは約4,800社が気候変動に関連するリスクや機会が自社の戦略にどのような影響を与えたかを報告しているが、そのうち低炭素移行計画を策定している企業は半数に過ぎないことを明らかにしている。

また気候変動対策の主要な開示項目のうち、目標に関する開示率は圧倒的に低く、絶対値目標や原単位目標を含むネット・ゼロ目標の詳細を完全に開示している企業はわずか6%であった。最も詳細な開示がみられたのは、財務計画とガバナンス、ポリシーであり、70〜90%の企業が開示している。

【参照ページ】
ARE COMPANIES BEING TRANSPARENT IN THEIR TRANSITION?

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る