Microsoft、海上輸送脱炭素スタートアップNautilusの40億円のシリーズBを主導

Microsoft、Nautilus社の3400万ドルの増資を主導

3月16日、Microsoftは同社のM12 venture fundとMicrosoft Climate Innovation Fundを通じて、外航船舶最適化ソリューションスタートアップNautilus Labsの3400万ドルのシリーズB資金調達ラウンドを主導した。Nautilusは今回の資金調達により、顧客の脱炭素化と利益最大化を支援する新製品の開発とともに、新たな人材を採用し世界の主要な海運拠点での事業拡大を目指す。

世界の温室効果ガス排出量の3%を占めるとされる海上輸送は、企業がバリューチェーンの持続可能性を向上させるために、ますます厳しく監視されるようになってきている。サプライチェーンの脱炭素化は、世界の企業の持続可能性への取り組みにおける主要な焦点となっている。これは、ビジネスが気候に与える影響への取り組みが、企業の排出量の大部分を占める「スコープ3」と呼ばれる直接管理外の排出量の削減にますますシフトしているためだ。

Nautilus社のソリューションは、海上輸送の非効率性を解消し、海上サプライチェーンの関係者間のコラボレーションを可能にすることで、オーナーとオペレーターを結びつけ、排出量の削減を実現する。このソリューションは、機械学習ベースの予測を活用し、IoTデータ・天候パターン・発着時間・商業的ニーズを分析して、商業的リターンを最大化しながら燃料の無駄と排出を削減し、航海の経済性に関する予測的洞察を提供する予定だ。

この取引は、Microsoftのベンチャーファンドと気候変動イノベーションファンドにとって初の共同投資となる。この資金調達には、NSS Advisors・Systemiq Capital・Root Ventures・Quiet Capital・TMV・Amplifierなどの投資家が追加で参加した。

【参照ページ】
(原文)Nautilus Labs raises $34 Million in Series B funding to decarbonize ocean shipping, optimize voyage economics in oldest part of supply chain
(日本語訳)Microsoft、海上輸送脱炭素スタートアップNautilusの40億円のシリーズBを主導

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る