Dow、世界初のリサイクル可能なシリコーンセルフシールタイヤソリューションを発売

Dow、世界初のリサイクル可能なシリコーンセルフシールタイヤソリューションを発売

10月26日、Dowは世界初のリサイクル可能なシリコーンセルフシールタイヤ溶液の発売を発表した。本溶液は、ブリヂストンが新たに発売したリサイクル可能なタイヤシーラント技術であるB-SEALSを活用している。Dowは新しいSiLASTIC™ SST-2650セルフシーリングシリコンによって、セルフシールタイヤメーカーの高性能とサステナビリティへの要求を満たすとともに、ドライバーと乗客に軽量で安全、かつ耐久性の高いソリューションを提供する。

世界の自動車産業において、材料の循環性と持続可能性への要求が高まる中、セルフシーリングタイヤは自動車の軽量化を可能にする新しいソリューションになりつつある。新しいシリコーンシーラント技術は、タイヤの内面にセルフシール層を形成するように設計されており、パンクしても優れたシール性能を発揮し、タイヤの空気圧を失うことなく長距離を走行することができる。

従来のセルフシールタイヤの持続可能性は非常に限られており、その結果、リサイクル不可能なタイヤが生まれ、余分な負担がかかり、産業の持続可能な発展を阻害している。また、複雑な高温塗布プロセスや、コーティング前のタイヤ表面の大規模なレーザー洗浄が必要なため、生産時のエネルギー消費と環境負荷が増加している。

シリコーン技術のグローバルリーダーであるDowは、その材料に関する専門知識を活用してSiLASTIC™セルフシーリングシリコーンを開発し、より軽量で安全、かつ耐久性の高いソリューションをお客様に提供する。

Dowは年間の純炭素排出量を削減するために全社的なコミットメントを実施しており、2030年までに年間炭素排出量を2020年の基準値に対して500万メートルトン(15%)削減する予定である。また2050年までに、Dowはカーボンニュートラルの達成を目指している。

【参照ページ】
(原文)Dow launches the world’s first recyclable silicone self-sealing tire solution
(日本語訳)Dow、世界初のリサイクル可能なシリコーンセルフシールタイヤソリューションを発売

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る