英通信衛星大手Inmarsat、宇宙技術によるネット・ゼロに関するレポートを発表

英通信衛星大手Inmarsat、宇宙技術によるネット・ゼロに関するレポートを発表

10月27日、英通信衛星大手InmarsatとGlobantは独立研究レポート「Can Space Help Save The Planet?」を発表した。本レポートよると、衛星技術はすでに毎年15億トン(または1.5ギガトン)の炭素排出を削減している。これは、2021年の英国全体の年間排出量の約4倍、または5,000万台の自動車の生涯排出量に相当する。

本レポートでは、ネット・ゼロに向けた競争における宇宙技術の可能性を示すため、①輸送・物流②農業・林業・その他の土地利用③エネルギーシステムという3つの産業分野に焦点を当てている。これらを合わせると、世界の排出量の約60%を占めることになる。

衛星技術がこれらの産業で普遍的に採用された場合、現在衛星技術によって実現されているCO2削減量は、現在の技術だけでほぼ4倍の年間55億トンに達する可能性があるとGlobantは分析している。これは、2030年までに地球の気温上昇を1.5℃以下に抑えるために必要な炭素排出量の6分の1、あるいは2℃以下の気温上昇を抑えるために必要な排出量の3分の1に相当し、宇宙技術が世界が直面する最大の課題にプラスの影響を与える可能性を示している。

本調査に基づき、Globantの計算では、世界は現在、衛星技術の脱炭素化能力を活用することなく、最大40億トンの潜在的かつ即時のCO2削減を逃していることが示唆されている。これらの技術は、輸送における燃料消費の節約と経路の改善、エネルギー使用の削減と最適化、さらには林業における火災防止など、多くのことを可能にする。

また、本レポートによると、2021年の世界の排出量のほぼ4分の1(23%)に相当する88億トンの炭素排出量、または18億人の1人当たりの排出量は、今後数年間に出現する、または出現する予定の新進の宇宙対応技術が広く採用されることで節約できることが分かっている。

海上輸送では、自律型船舶が燃料消費量を削減することで、4億トンを節約できる可能性がある。エネルギー分野では、エネルギー転換のためのAIによるエネルギー最適化により、13億トンのCO2を削減できる可能性がある。航空分野では、欧州宇宙機関のIris技術が航空業界全体に採用されれば、1億トンのCO2を削減できる可能性があり、最初の航空機は2023年初頭に飛行が予定されている。

【参照ページ】
(原文)Space technologies offer opportunity to achieve one-sixth of emissions cuts needed to reach net zero by 2050
(日本語訳)英通信衛星大手Inmarsat、宇宙技術によるネット・ゼロに関するレポートを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る