Schneider Electric、約727億円の新しい気候・産業技術ベンチャーファンドを支援

Schneider Electric、約727億円の新しい気候・産業技術ベンチャーファンドを支援

11月17日、Schneider Electric系列のベンチャー投資家SE Venturesは、気候・産業技術系スタートアップの資金調達を加速させることを目的とした5億ユーロ(約727億円)のファンドを立ち上げると発表した。

Schneider Electric が支援する新ファンドは、気候テック、産業用AI、モビリティ、プロップテック、サイバーセキュリティの分野における「カテゴリーを定義する企業」をターゲットにする予定だ。ファンドは2023年1月に展開を開始する予定である。本ファンドは、2018年のファンドIの立ち上げに続き、SE Venturesにとって2つ目のファンドとなり、投資家のコミットメント資本は10億ドル(約1,400億円)に達した。

SE Venturesは設立以来、40社以上のスタートアップ、7つのベンチャーファンドに投資し、パートナーシップエンゲージメントを通じてさらに200社のスタートアップに投資してきた。SE Venturesは、ChaturvedyとゼネラルパートナーであるGrant AllenとVarun Jainが率いている。新ファンド設立に伴い、SE Venturesは、グローバルチームの拡大も計画しているという。

【参照ページ】
(原文)SE Ventures announces €500 million Fund II to accelerate climate and industrial tech start-ups
(日本語訳)SE Ventures、気候変動と産業技術の新興企業を加速させる5億ユーロのファンドIIを発表

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る