Diginex、Coca Colaらと提携し、サプライチェーンの透明性向上ソリューションを発表

Diginex、Coca Cola・Reckittと提携し、サプライチェーンの透明性向上ソリューションを発表

3月16日、サステナビリティに特化したデータソリューションスタートアップのDiginexは、Coca Cola社および消費財メーカーのReckitt社と共同で開発した新しいサプライチェーンの透明化ソリューション「diginexLUMEN」の提供の開始を発表した。

この新しいソリューションは、ガバナンスとスクリーニングプロセス・多言語による労働者の声調査・アルゴリズムベースのリスクスコアリング・ESGレポート形式を提供することで、労働搾取や強制労働に関するサプライヤーのリスクについての洞察を企業に提供する。最終的には、複雑なサプライチェーンにおける労働条件について比較可能な情報を収集してその情報を検証し、リスク計算を自動化するためのツールである。

Diginexは、この新しいソリューションはThe Coca-Cola Companyとの最初のパートナーシップに基づいており、Coca ColaとReckittが提供する資金および技術サポートによって開発・拡張が進んだと述べている。

この新しいソリューションは、人権デューデリジェンスと強制労働に関する法律が世界的に強化されていることを受けて開発された。2月、欧州委員会はグローバルなバリューチェーンにおける人権と環境への影響に取り組むため、”Directive on Corporate Sustainability Due Diligence” の提案を発表した。この指令は、リスクの高い特定の分野の企業に対して、自社の事業・子会社・バリューチェーンにおける悪影響を軽減するためのデューデリジェンス義務を課すものである。

この新しいソリューションは、ブロックチェーン対応のESGプラットフォーム「diginexESG」や、企業のカーボンフットプリントの改善を支援する環境管理ソフトウェア「diginexCLIMATE」など、Diginexの製品群に新たに追加される。

【参照ページ】
(原文)Diginex, in partnership with The Coca-Cola Company and Reckitt, launches pioneering technology to undertake scalable due diligence in global supply chains
(日本語訳)Diginex、Coca Cola・Reckittと提携し、サプライチェーンの透明性向上ソリューションを発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る