Climate Impact X、カーボンクレジットのデジタルプラットフォームを立ち上げ

Climate Impact X、カーボンクレジットのデジタルプラットフォームを立ち上げ

3月16日、炭素取引所およびマーケットプレイスのClimate Impact X(CIX)は、検証済み炭素プロジェクトを通じて、企業部門の気候変動対策能力の向上を目的とした、炭素クレジットのデジタルプラットフォームであるプロジェクトマーケットプレイスの立ち上げを発表した。

CIXは、DBS・Singapore Exchange (SGX)・Standard Chartered ・Temasekによる共同事業として昨年発足し、さまざまな買い手と売り手のニーズに対応する明確なプラットフォームと商品を提供し、衛星モニタリング・機械学習・ブロックチェーン技術を活用して炭素クレジットの透明性・完全性・品質向上を目的としている。

この新しいプラットフォームでは、企業やカーボンプロジェクトのサプライヤーがカーボンクレジットをリストアップし、発見・比較・購入・償却することができる。また、カーボンクレジットプロジェクトに関する情報を、第三者の評価や衛星モニタリング技術とともに提供し、Voluntary Carbon Market(VCM)への関心の高まりとさらなる信頼の醸成を促進していく。

プロジェクト・マーケットプレイスでは現在、自然保護プロジェクトからのクレジットを提供しており、今年後半には他のクレジットへの拡大を目指している。CIXは、すべての上場プロジェクトはグローバルレジストリによって検証され、炭素隔離パフォーマンス・ガバナンスとリスク管理・社会的整合性・生物多様性への貢献について内部評価を受け、独立評価と照合されると述べている。

CIXは、VCMをより深く理解するために、独立した国際諮問委員会を設置したと発表した。専門家からなる委員会は、最新の科学・政策・市場への応用に関する意見を提供し、プロジェクトの評価とベストプラクティスの洞察においてCIXを指導していく。

【参照ページ】
(原文)Climate Impact X launches global carbon marketplace to accelerate climate action through quality carbon credits

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る