Southwest航空、気候変動の目標達成のために、「Reduce, Replace, Offset」戦略を立ち上げ

 

10月19日、Southwest航空はカーボンニュートラルを維持するための10年計画を発表した。この計画には、シートマイルあたりの排出量の削減、持続可能な航空燃料の使用量の増加、残りの排出量の相殺を目的とした一連の目標、行動、イニシアティブが含まれている。

Southwest航空は、機材の近代化、路線の最適化、対象となる地上サービス機器の電化などにより、2030年までにスコープ1および2を含む利用可能なシートマイルあたりの炭素排出量を少なくとも20%削減することを目指している。

また、2030年までにジェット燃料の総消費量の10%を持続可能な航空燃料(SAF)に置き換えることを目標とし、Neste社、Marathon Petroleum社、Phillips 66社、Deloitte社、Siemens社、Zurich North America社などの企業とのSAFのコラボレーションやパートナーシップを発表している。

排出量をオフセットするために、Southwest航空は米国の航空会社としては初めて、ロイヤルティポイントによるカーボンオフセットの提供を行う。また再生可能エネルギー証書を購入することにより、2021年5月時点でダラスのコーポレートキャンパスの電力を100%再生可能エネルギーで賄う。

【参照ページ】
(原文)Southwest Airlines Announces 10-Year Environmental Sustainability Plan
(日本語訳)Southwest航空、気候変動の目標達成のために、「Reduce, Replace, Offset」戦略を立ち上げ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る