ISS ESG、ESG企業・ファンドの格付けを提供する「ISS ESG Gateway」を開設

ISS ESG、ESG企業・ファンドの格付けを提供する「ISS ESG Gateway」を開設

3月3日、Institutional Shareholder Service(ISS)の責任投資部門であるISS ESGは、同社の企業およびファンドのESG評価とスコアを一般に無料で提供するオンラインポータルサイト、「ISS ESG Gateway」の開設を発表した。

ISS ESG Gatewayで提供される格付けやスコアは、業界ごとに約100の指標に基づいて企業をA+からD-まで格付けするシステムを採用している。同サイトには、ESG企業格付けと、格付けされた企業の「プライム」ステータス、ガバナンス・クオリティ・スコア、SDGインパクト格付け、ESGファンド格付けが含まれる。

同サイトは、グローバルで6,100社以上の企業の評価とスコアを提供し、45の国・地域にまたがる約30,000のファンドの評価も提供する予定である。ISS ESG Gatewayで提供される情報は毎月更新され、企業の評価やスコアに変更があった場合は、毎月1日に反映される。

【参照ページ】
(原文)ISS ESG Launches Online Gateway to Deliver ESG Corporate & Fund Ratings
(日本語訳)ISS ESG、ESG企業・ファンドの格付けを提供する「ISS ESG Gateway」を開設

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    2022-10-3

    オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    9月28日、グローバルファッション通販企業であるSHEINは、2030年までにバリューチェーンの排…
  2. 格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    2022-10-3

    格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    9月、格安航空会社easyJetは、気候変動への影響に対処し、2050年までに排出量ゼロのフライト…
  3. 2022-10-3

    バイデン大統領、米国への投資による国家安全保障リスクを考慮した大統領令に署名

    9月15日、バイデン大統領は、対米外国投資委員会での国家安全保障上のリスクに関する確実な審査のため…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る