ISS ESG、ESG企業・ファンドの格付けを提供する「ISS ESG Gateway」を開設

ISS ESG、ESG企業・ファンドの格付けを提供する「ISS ESG Gateway」を開設

3月3日、Institutional Shareholder Service(ISS)の責任投資部門であるISS ESGは、同社の企業およびファンドのESG評価とスコアを一般に無料で提供するオンラインポータルサイト、「ISS ESG Gateway」の開設を発表した。

ISS ESG Gatewayで提供される格付けやスコアは、業界ごとに約100の指標に基づいて企業をA+からD-まで格付けするシステムを採用している。同サイトには、ESG企業格付けと、格付けされた企業の「プライム」ステータス、ガバナンス・クオリティ・スコア、SDGインパクト格付け、ESGファンド格付けが含まれる。

同サイトは、グローバルで6,100社以上の企業の評価とスコアを提供し、45の国・地域にまたがる約30,000のファンドの評価も提供する予定である。ISS ESG Gatewayで提供される情報は毎月更新され、企業の評価やスコアに変更があった場合は、毎月1日に反映される。

【参照ページ】
(原文)ISS ESG Launches Online Gateway to Deliver ESG Corporate & Fund Ratings
(日本語訳)ISS ESG、ESG企業・ファンドの格付けを提供する「ISS ESG Gateway」を開設

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る