NESTEと伊藤忠商事、日本におけるSAF普及に向け、パートナーシップを拡大

 

2月16日、伊藤忠商事株式会社はNESTE社との間で、持続可能な石油代替航空燃料(SAF)である「Neste MY Sustainable Aviation FuelTM」に関する日本市場向け独占販売契約の締結を発表した。 伊藤忠商事は羽田空港及び成田国際空港にて、本契約に基づいたSAFの供給を開始する。

本契約は、NESTE社と強固なパートナーシップを構築、両社の強みを活かした連携を行い、世界的に供給不足が予測されるSAFを戦略的に日本へ確保し、日本に就航する国内外の航空会社へ安定供給を行うことで、航空業界における脱炭素化実現への貢献を目指す。

NESTE社の「Neste MY Sustainable Aviation Fuel TM」は、 航空機の運航に伴う直接的な温室効果ガスの排出を削減する即効性のある解決策となる。また、化石燃料のジェット燃料と比較し、最大80%の温室効果ガス削減が可能である。

伊藤忠商事とNESTE社は、2020年に全日本空輸株式会社と3社協働で、SAF輸入・品質管理から空港搬入までの一連のサプライチェーン構築、SAFの日本初となる商用フライト規模での供給を実現した。また、2021年6月から陸上輸送分野でリニューアブルディーゼルの日本国内での供給を開始、供給規模を拡大している。

【参照ページ】
(原文)Neste and ITOCHU expand partnership to grow the availability of sustainable aviation fuel in Japan
(日本語訳)NESTEと伊藤忠商事、日本におけるSAF普及に向け、パートナーシップを拡大

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る