EY、新レポート「2022 EY Global Alternative Fund Survey」を発表

 

11月15日、グローバルなプロフェッショナルサービス企業であるEYが発表した新しい調査によると、プライベート・エクイティ・ファームとヘッジファンドは、ESGポリシーを設定し、サステナビリティ要因を投資ポートフォリオに統合するよう、ますます圧力を受けていることが明らかになった。

Coalition Greenwichと共同で作成した新しい「2022 EY Global Alternative Fund Survey」では、運用資産1兆7000億米ドル(約238.5兆円)超のヘッジファンド114社、運用資産2兆8000億米ドル(約393兆円)超のプライベートエクイティ112社、運用資産約1兆3000億ドル(約182兆円)の機関投資家61社にインタビューを実施した。本調査では、業界動向、長期的なポジショニング、人材管理、投資商品、規制環境、戦略的優先事項などのトピックを取り上げた。

本報告書によると、オルタナティブ資産運用会社はESGに関する監視の目が厳しくなっており、26%の投資家がESG方針が不十分なため、今年は運用会社から投資をしないことにしたと報告しており、一昨年の20%から増加した。

投資家の11%は、運用会社のESG方針が投資や投資継続の決定に影響を与えないと答え、36%はこれらの要素がこれらの決定において「重要」または「極めて重要」であると報告している。

また、投資家が投資判断の際に考慮するESG特性の上位を調査したところ、ガバナンスと気候リスクがそれぞれ63%と61%の投資家が報告し、人権慣行とDEIがそれぞれ41%で続いた。

オルタナティブ資産運用会社は、投資家のESGの要求に応えているように見えるが、改善の余地は大きく残っている。本報告書によると、現在半数強(53%)の運用会社がESGリスクと配慮を投資意思決定に組み込んでおり、18%はまだ正式なESG方針を定めていないことが分かっている。

【参照ページ】
(原文)Investors remain interested in alternative funds, and managers focus on traditional strengths while responding to market opportunities
(日本語訳)EY、新レポート「2022 EY Global Alternative Fund Survey」を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る