EY、新レポート「2022 EY Global Alternative Fund Survey」を発表

 

11月15日、グローバルなプロフェッショナルサービス企業であるEYが発表した新しい調査によると、プライベート・エクイティ・ファームとヘッジファンドは、ESGポリシーを設定し、サステナビリティ要因を投資ポートフォリオに統合するよう、ますます圧力を受けていることが明らかになった。

Coalition Greenwichと共同で作成した新しい「2022 EY Global Alternative Fund Survey」では、運用資産1兆7000億米ドル(約238.5兆円)超のヘッジファンド114社、運用資産2兆8000億米ドル(約393兆円)超のプライベートエクイティ112社、運用資産約1兆3000億ドル(約182兆円)の機関投資家61社にインタビューを実施した。本調査では、業界動向、長期的なポジショニング、人材管理、投資商品、規制環境、戦略的優先事項などのトピックを取り上げた。

本報告書によると、オルタナティブ資産運用会社はESGに関する監視の目が厳しくなっており、26%の投資家がESG方針が不十分なため、今年は運用会社から投資をしないことにしたと報告しており、一昨年の20%から増加した。

投資家の11%は、運用会社のESG方針が投資や投資継続の決定に影響を与えないと答え、36%はこれらの要素がこれらの決定において「重要」または「極めて重要」であると報告している。

また、投資家が投資判断の際に考慮するESG特性の上位を調査したところ、ガバナンスと気候リスクがそれぞれ63%と61%の投資家が報告し、人権慣行とDEIがそれぞれ41%で続いた。

オルタナティブ資産運用会社は、投資家のESGの要求に応えているように見えるが、改善の余地は大きく残っている。本報告書によると、現在半数強(53%)の運用会社がESGリスクと配慮を投資意思決定に組み込んでおり、18%はまだ正式なESG方針を定めていないことが分かっている。

【参照ページ】
(原文)Investors remain interested in alternative funds, and managers focus on traditional strengths while responding to market opportunities
(日本語訳)EY、新レポート「2022 EY Global Alternative Fund Survey」を発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    2022-12-1

    オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    11月30日、オーストラリア健全性規制庁(APRA)が発表した新しい調査によると、オーストラリアの…
  2. カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    2022-12-1

    カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Car…
  3. スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    2022-12-1

    スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    11月22日、スウェーデン銀行は、貸付ポートフォリオに関する新たな脱炭素化目標を発表し、2030年…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る