ドイツ・オランダ・ベルギー・デンマーク、”欧州のグリーン電力プラント “の実現に向け、約18兆円の洋上風力発電協定を締結

5月18日、ドイツ、オランダ、ベルギー、デンマークの政府は、北海を「欧州のグリーン電力プラント」とする洋上風力協定に署名したことを発表した。4カ国は1350億ユーロ(約18兆円)を投資し、2030年までに65GW、2050年までに150GWの洋上風力発電の合計目標を達成する予定であり、EUのカーボンニュートラル達成に必要な発電容量の半分以上を提供することになる。

また、本協定は、陸上および洋上でのグリーン水素の大規模生産にも貢献し、4カ国は2030年までに合計で20GWの生産能力を目標とすることを表明している。

本協定の一環として、デンマークは、2033年までに初期容量3GWの洋上風力を備え、ベルギーとデンマークに接続する世界初の多段階かつ最大のエネルギーアイランドを北海に設立し、2030年までに少なくとも洋上風力の総容量10GWに達し、2050年までに北海で35GWを目指す計画である。

オランダは、デンマークとともに、デンマークの排他的経済水域(EEZ)にあるエネルギーアイランドをオランダのエネルギーハブに接続する方法を模索し、洋上グリーン水素製造の展望も含めて検討する。

ドイツは、2030年までに少なくとも30GW、2035年までに40GW、2045年までに70GWの洋上風力を設置することを目標としており、デンマークとは、バルト海のボーンホルム島で提携し、北海でハイブリッド再生可能エネルギープロジェクトに取り組む予定である。

ベルギーは、洋上風力発電と国境を越えた相互接続を組み合わせた、世界初の洋上エネルギーアイランドの設立を目指している。また、2030年までに580万kW、2040年までに800万kWの洋上風力発電容量を確立する計画。ベルギーは、デンマークとともに、ハイブリッド再生可能エネルギープロジェクトでも協力する予定である。

【参照ページ】
(参考記事)Germany, Denmark, Netherlands and Belgium sign €135 billion offshore wind pact
(日本語訳)ドイツ、デンマーク、オランダ、ベルギーが1,350億ユーロの洋上風力発電協定に署名

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る