国連人権委員会、エチオピア、日本、キルギスタン、ニカラグア、フィリピン、ロシアへの勧告を発表

国連人権委員会、エチオピア、日本、キルギスタン、ニカラグア、フィリピン、ロシアについて勧告を発表

11月4日、国連人権委員会(HRC)は、エチオピア、日本、キルギスタン、ニカラグア、フィリピン、ロシアについて、それぞれの国における市民的・政治的権利の履行を調査し、所見を発表した。

調査結果には、市民的及び政治的権利に関する国際規約(ICCPR)の実施に関する委員会の主な懸念と勧告、ならびに肯定的な側面が含まれている。主な問題点は以下の通りである。

エチオピア
委員会は、ティグライとアファールおよびアムハラの一部におけるすべての紛争当事者による市民に対する深刻かつ広範な人権侵害の報告を懸念している。エチオピアは、紛争における非国家および国家の行為者による国際人権法および人道法の違反の疑いを調査し、起訴して処罰し、被害者が完全な賠償を受けることを保証するべきである。委員会はエチオピアに対し、反体制派に対する嫌がらせ、攻撃、恣意的な逮捕、拘留、また反対意見を封じるための刑事規定の使用を挙げ、表現の自由を保護するよう促した。また、不当かつ長期にわたるインターネットと電話の遮断に留意し、そのような制限はすべて合法的、比例的であり、独立的に監督されるよう要請する。

日本
委員会は、独立した国内人権機関の設立に関して日本から提供された曖昧で一般的な情報を遺憾に思うと述べた。当委員会は、日本に対し、優先事項として、十分な資金とスタッフを有するパリ原則に準拠した国内人権機関を設置するよう要請している。委員会は、裁判所の命令なしに子どもを家族から連れ去るという報告について懸念しており、日本に対し、子どもの連れ去りが最後の手段であることを保証する明確な基準を設けるよう求めている。また、2017年から2021年にかけて3人の被拘束者が死亡した入国管理局留置施設を含め、自由を奪われた人々の幸福について懸念している。受刑者の手続き上の権利が否定されていることに懸念を示し、日本に対し、逮捕・拘留された者が、弁護士へのアクセス、家族との接触、適切な医療を含むすべての基本的な法的保障措置を享受することを確保するよう要請した。日本はまた、長期の独房監禁を行わないようにし、移民が虐待されないようにするためにあらゆる適切な措置をとるべきであるとしている。

キルギスタン
委員会は、ブロガーやジャーナリストの刑事訴追を含め、特に政府に批判的な意見を表明した人権擁護者、弁護士、政治家、ジャーナリスト等に対する政府の圧力に関する報告について懸念している。キルギスは、公共の利益に関する批判的な報道を抑圧するために刑事訴追を利用しないよう勧告された。拘留中の拷問関連死の報告は、委員会を深く憂慮させた。特に無期懲役の判決を受けた者の劣悪な拘禁状況は懸念される。委員会はキルギスタンに対し、拘禁中のすべての死亡を緊急に調査し、加害者の責任を追及し、被害者の家族に補償するよう促した。

ニカラグア
委員会は、2021年11月の選挙が自由で公正な選挙のための国際基準を満たしていないことを懸念し、選挙関連の法改正を疑問視している。ニカラグアに対し、すべての国民が差別なく公務に参加する憲法上の権利を完全に実施するよう促した。委員会はまた、適正手続違反の報告、捜査・訴追時のあいまいな犯罪定義の使用、弁護士が法廷審問や事件簿にアクセスし、被告人と自由かつ個人的に通信する際に直面する困難について懸念を表明した。ニカラグアは、刑事犯罪が国際基準に準拠し、弁護士が制限、影響、圧力、妨害なしに被告に助言し、弁護できることを保証すべきである。委員会はまた、ニカラグアに対し、2018年の社会政治危機と2021年11月の選挙騒動の間に拘束された人々の即時解放を求めるよう検察庁に奨励し、適切であれば、彼らが正当に起訴されることを条件とするよう促した。

フィリピン
委員会は、特に政府の違法薬物撲滅キャンペーンに関連した重大な人権侵害と極めて多くの超法規的処刑の報告について懸念している。フィリピンは、薬物規制に対する専ら懲罰的なアプローチを、ICCPRに完全に沿ったものに改めるべきである。反麻薬キャンペーンの逮捕によって引き起こされた刑務所の過密状態に注目し、委員会は、フィリピンが非拘束的措置を拡大することによって刑務所と警察の拘留を直ちに削減し、すべての被拘禁者の拘留条件を改善する努力を強化するよう勧告する。また、拘禁されている女性、特に妊娠中または子育て中の女性が、彼らのニーズを満たす医療やその他のサービスを受けられるようにすべきである。当委員会は、2017年以降のレイラ・デ・リマ元上院議員の長期にわたる公判前勾留と、野党議員に対する反乱と扇動の政治的動機による告発について懸念しており、フィリピンに対し、刑事法を用いて野党議員を嫌がらせ、脅迫し、公的生活や選挙プロセスから排除しないよう強く要請している。

ロシア連邦
当委員会は、ロシア連邦によって開始されたウクライナで進行中の武力紛争が、大規模な人命の剥奪とロシア連邦に起因する他の多くのICCPRの侵害をもたらしたことを極めて懸念している。ロシア連邦に対し、武力紛争中を含め、生命に対する権利を保護し、他のすべてのICCPRの権利を尊重する義務を完全に遵守することを求める。ロシア連邦は、すべての侵害を調査し、加害者を処罰し、被害者に補償すべきである。委員会はまた、政府批判者の信用を落とし、あるいは黙らせるために、不当な起訴、精神鑑定、不正な物質の使用など、野党政治家、ジャーナリスト、弁護士、人権擁護者に対する嫌がらせ、暴力、殺害の疑惑が増加していることに重大な懸念を表明した。当委員会は、ロシア連邦に対し、このような行為を止め、これらの疑惑を調査し、加害者を処罰し、被害者に補償するよう促した。

委員会は、ニカラグアとロシア連邦がHRCとの建設的対話に参加しなかったことを遺憾に思い、ICCPRが定期的審査プロセスの重要な要素として完全な参加を要求していることを両国に想起している。

【参照ページ】
(原文)Human Rights Committee Concludes One Hundred and Thirty-sixth Session after Adopting Concluding Observations on Reports of Ethiopia, Japan, Kyrgyzstan, Nicaragua, Philippines and the Russian Federation
(日本語訳)人権委員会、エチオピア、日本、キルギスタン、ニカラグア、フィリピン、ロシア連邦の報告に対する最終見解を採択し、第100回会期を終了

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る