アサヒとソフトバンク、飲料水の自動運転配送サービスの実証を開始

9月12日、アサヒ飲料とソフトバンクは、清涼飲料水の自動運転配送サービスの事業化に向けた検証を開始すると発表した。将来的には、補充から配送までを人手を介さずに行う「動く自動販売機」を展開し、人手不足の解消を目指す。

両社は、LINEを活用した専用ページで注文した『三ツ矢サイダー』や『アサヒ 颯』といったアサヒ飲料の商品が、ソフトバンクが開発した自律走行ロボット「Cuboid」を使って発注者に自動運転で配送可能かを検証する。同実証は、9月17日、18日に都内で開催されるイベント「ちょっと先のおもしろい未来2023」において、一般消費者約200名を対象に行われる。

本事業の検証にあたり、2022年11月から12月にかけてアサヒ飲料本社ビル内で自動運転配送のテスト検証を実施した。社員約60名を対象に、自身の机でパソコンや携帯電話で商品を注文し、注文した商品が発注した社員の元に届くかを検証した。この結果、利用者の約8割から高い満足度を得た。

【参照ページ】
飲料水の自動運転配送サービスの事業化に向けた検証を開始 ソフトバンクと共同で、人手不足の解決に貢献する「動く自動販売機」の展開を目指す

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る