マイクロソフト、サステナビリティ・プラットフォームにAIソリューションを追加

マイクロソフト、サステナビリティ・プラットフォームにAIソリューションを追加

2月13日、マイクロソフトは、同社のサステナビリティ・プラットフォームであるマイクロソフト・クラウド・フォー・サステナビリティに、一連の新しいデータおよびAIソリューションを追加することを発表した。これには、ユーザーがより迅速なESGデータ分析と洞察へのアクセス、サステナビリティ・データ管理と報告の改善、バリューチェーン全体にわたるデータの収集と分析を可能にすることを目的としたツールが含まれる。

マイクロソフトは2021年にクラウド・フォー・サステナビリティ・プラットフォームを発表し、SaaS(Software as a Service)ツールによる排出量の記録・報告・削減・交換の支援に注力した。

新ツールの中には、同社が最近リリースしたAIを搭載したマイクロソフト・ファブリックのサステナビリティ・データ・ソリューションがある。これは、組織がESGデータを複数のソースからの他の企業データと結び付けて有意義な洞察を提供し、公開データや業界ベンチマークに対する進捗状況を追跡するだけでなく、分析や規制当局への報告に備えることを目的としている。

同社はまた、マイクロソフト・サステナビリティ・マネージャーのESGバリューチェーン・ソリューションの一般提供を発表した。サプライヤーにより安全なプロセスを提供しながらデータ収集を簡素化し、ユーザーがESGバリューチェーンデータで高度な分析を実行し、バリューチェーン内で排出削減の機会を見つけることを可能にする。

【参照ページ】
(原文)New data and AI solutions in Microsoft Cloud for Sustainability help move organizations from pledges to progress 
(日本語参考訳)マイクロソフト、サステナビリティ・プラットフォームにAIソリューションを追加

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る