WWF、GHG算出の取り組みについて指摘

2月16日、世界自然保護基金(WWF)の新しい分析によると、製品レベルの温室効果ガス(GHG)算出の基準や方法論にばらつきがあると、企業は実際の排出量とその削減の進捗状況の両方を把握することができなくなるという。組織レベルでの厳格なGHG算出は、企業が排出のホットスポットを特定し、対処することを可能にしてきたが、製品レベルでの会計の調和が進めば、進捗を加速させ、組織間の比較を可能にする。

特に農業分野では、農場での排出量が大きいにもかかわらず、その実態が十分に把握されていないことが多いためだ。企業は通常、異なるサプライヤーからのデータを寄せ集めており、それぞれのサプライヤーがGHGフットプリントの計算式を独自に定めている場合がある。WWFの分析によると、このような不一致は、企業の範囲内だけでなく、産業間の比較においても、モニタリングの努力を無意味なものにしてしまうとのことだ。

サプライヤーや投資先の比較を容易にし、意味のある目標を設定し、知識を効果的に共有するために、分析では4つの前進の可能性を概説している。

  • 製品会計のための世界的に標準化または相互運用可能な方法論と報告要件
  • 収集したデータの品質管理
  • プレコンペティティブコラボレーション
  • 報告の透明性

【参照ページ】
(原文)New WWF Analysis: Greenhouse Gas Accounting Efforts Undermined by Disparate Tools & Frameworks
(日本語参考訳)WWF、GHG算出の取り組みについて指摘

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る