DHL、カーボンニュートラルなロジスティクス倉庫ポートフォリオを開発

DHL、カーボンニュートラルなロジスティクス倉庫ポートフォリオを開発

11月24日、ロジスティクスおよび輸送大手のドイツポストDHLグループの一部門であるDHLサプライチェーンは、欧州の主要市場における顧客の成長ニーズとサステナビリティ要求をサポートすることを目的として、40万平方メートルのカーボンニュートラルな倉庫ポートフォリオを開発したことを発表した。

本ポートフォリオは、ドイツ、オランダ、スウェーデン、フィンランド、イタリア、ポーランドの主要な物流市場にある10の開発拠点に建設された14ユニットで構成されている。

DHLはまた、Allianz Real Estateとの間で、20万平方メートルを超える5施設を含むポートフォリオの前半部分を売却する契約を締結したことを発表した。本契約は、 Allianz Real Estate のロジスティクス分野における単独買収としては最大規模となり、DHL Supply Chainは施設の85%以上に入居する予定である。

DHLは、すべての建物がBREEAM ExcellentやEPC Aなどの主要なサステナビリティ基準を満たし、EUの分類法に準拠し、カーボンリスク不動産モニター(CRREM)評価を受けると発表している。

DHLは昨年、サステナビリティ・ロードマップを発表し、代替航空燃料、ゼロエミッション車輌の拡大、気候ニュートラルビルを中心としたCO2排出量削減対策に、10年間で70億ユーロ(約1兆円)を投資する計画を発表した。

【参照ページ】
(原文)DHL SUPPLY CHAIN DEVELOPS 400,000 SQM OF CARBON NEUTRAL WAREHOUSES FOR CUSTOMERS IN EUROPEAN KEY MARKETS

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る