WEF Alliance of CEO Climate Leaders、すべての政府に大胆な気候変動対策の実施を要請

WEF Alliance of CEO Climate Leaders、COP27に向け、すべての政府に大胆な気候変動対策の実施を要請

11月4日、世界経済フォーラム(WEF)が主導する「CEO気候リーダーズ同盟(Alliance of CEO Climate Leaders)」加盟101社のCEOは、国連気候変動枠組条約第27回シャルム・エル・シェイク締約国会議(COP27)に向け、各国政府に対し、さらに野心的な気候変動政策を打ち出すよう要求する共同声明を発表した。

今回発表・配布されたオープンレターの中で、アライアンスは民間セクターの同業者に対し、パリ協定に沿った科学的根拠に基づく目標を、セクター特有の経路を考慮した明確なロードマップとともに設定すること ‐セクター内およびバリューチェーン間で協力し、アライアンスやイニシアティブにおいて透明性、提言、行動を推進するとともに、主要産業および貿易協会と協力してパリ協定との整合性を進める -国際的に調和した報告基準の策定に寄与すること、を呼びかけている。

このような背景のもと、また、11月にCOP27とG20で世界のリーダーが集まる中、本レターは各国政府に対し、大胆な野心を掲げ、公約を実行し、COP26グラスゴー気候協定での約束を実現することも求めている。さらに、例えば規制の簡素化、許認可プロセスの迅速化、再生可能エネルギーやエネルギー効率の高い新技術に対する政策などのインセンティブを供給側と需要側の双方で提供することにより、グリーン転換を加速するよう求めている。

CEO気候変動リーダーズアライアンスは、26カ国、12業界の120人以上のグローバルCEOを代表するコミュニティで、全員がパリ協定に沿った企業の気候変動対策を実現することにコミットしている。アライアンスは、日本の年間排出量に相当する1ギガトンの削減を目指しており、サプライチェーン全体にわたる変革を目指している世界で唯一のCEO主導のコミュニティである。

【参照ページ】
(原文)More than 100 CEOs and senior executives share an open letter for world leaders at COP27
(日本語訳)100名以上のCEOおよび上級管理職が、COP27で世界のリーダーに向けた公開書簡を発表

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る