EYサーベイ:上場企業の半数以上がESGデータを手作業で管理

5月、プロフェッショナルサービス企業のアーンスト・アンド・ヤングLLP(EY US)と非営利研究団体の金融教育研究財団(FERF)が発表した新しい調査によると、55%の企業がスプレッドシートにESGデータを収容しており、ESG情報の収集と報告プロセスは依然として高度な手作業で行われている。

【参考記事】シェルパ・アンド・カンパニー、ESG情報開示支援クラウド「SmartESG」β版を提供開始

財務専門家は「ESG報告の推進にどのように貢献しているか」というテーマで、米国大手企業の72人の最高会計責任者とコントローラーを対象に調査を行い、さらに調査対象グループを代表する上場企業8社の財務幹部へのインタビューも実施した。

調査によると、企業が投資家や規制当局、その他のステークホルダーから、環境への影響、多様性と包括性、人権など、複数のESG要素に関する透明性を求める圧力が高まり、報告要件が増加する一方で、ESGデータを収集・管理するための手順、システム、方針は比較的初期段階にとどまっている。ESGデータの一貫した適用を推進するための手順が比較的完備されていると回答した企業はわずか8%で、ESG情報に関わるレビュープロセスを促進するツールがあると回答したのは半数以下だった。

また、ESGデータの収集と管理は、依然として非常に手作業が多い。回答者の25%だけが、自社のESG情報が現在ESG専用ソフトウェアや財務報告用のソフトウェアソリューションに存在していると報告し、半数以上が情報をスプレッドシートに保存していると報告した。

【参照ページ】
(原文)Controlling ESG How finance professionals are helping to advance ESG reporting March 2022 Sponsored by How finance professionals are helping to advance ESG reporting

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る