ニューヨーク、2030年までにUberとLyftに排出ガスゼロ車両を義務付け

ニューヨーク、2030年までにUberとLyftに排出ガスゼロの車両を義務付け

1月30日、ニューヨーク市のEric Adams市長の発表によると、ハイヤーサービスを提供するUberとLyftは、2030年までにニューヨーク市内でゼロエミッション車両を保有することが義務づけられる。

2023年の「市政報告」によると、市は両社と協力して、ドライバーに経済的負担をかけることなく、10万台以上ある車両を変革する取り組みを進めるという。

UberとLyftは近年、保有車両をEVやゼロエミッション車に移行することを公約している。Uberは2020年に、2040年までにゼロエミッションのモビリティプラットフォームになるという目標を打ち出し、2030年までに米国、カナダ、ヨーロッパの都市で乗車率を100%EVにするという目標を掲げている。

Lyftも2030年までに全車両をEVに移行することを約束しており、最近、急速充電器の割引や家庭用充電器の割引料金など、ドライバーがEVに切り替えられるよう支援する一連のイニシアティブを開始した。

Adams市長は演説の中で、ハイヤー車両をゼロエミッションに移行させるという約束に加え、市は今年、サステナビリティの課題を拡大し、新たに「気候予算編成プロセス」を開始する予定であると述べた。

【参照ページ】
(参考記事)Uber and Lyft Must Be 100% Electric in NYC by 2030

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る