FCA、サステナビリティ・リンク・ローン市場におけるグリーンウォッシングの懸念を指摘

FCA、持続可能性関連ローン市場におけるグリーンウォッシングの懸念を指摘

6月29日、金融サービス企業や金融市場を監督する英国の金融行動監督機構(FCA)は、銀行や企業に対し、サステナビリティ・リンク・ローン(SLL)市場に関連する一連の市場整合性に関する懸念事項をまとめた書簡を発表した。

サステナビリティ・リンク・ローンは、サステナブル・ファイナンスの中でも急成長している分野のひとつで、発行体の特定のサステナビリティ目標達成度に連動した利払いなどの特徴を持つ。サステナビリティ・リンク・ローンへの企業の関心は、ここ数年で急速に高まっている。グリーンボンドなどでは、調達した資金を特定のカテゴリーのグリーン・プロジェクトにしか割り当てられないが、サステナビリティ・リンク・ローンでは、調達資金を一般的な企業目的に使用できる柔軟性があるためだ。

長期にわたる成長の後、FCAはSLL市場について否定的な報道がなされたことを指摘し、市場の健全性についての懸念を示した。

インテグリティに関連する懸念には、融資の持続可能性に関連する条件におけるインセンティブの弱さや、融資に選ばれた持続可能性の目標や指標の低さなどがあった。

その後の市場関係者とのエンゲージメントにおいて、FCAはまた、銀行がサステナブル・ファイナンスの目標達成のためにSLLを推進する報酬インセンティブを提供するケースもあり、潜在的な利益相反を指摘し、融資契約における脆弱なサステナブル・パフォーマンス・ターゲット(SPT)や主要業績評価指標(KPI)を受け入れる可能性があると述べた。

エンゲージメントからの観察では、発行体がパフォーマンス目標を達成できなかった投資適格SLLの金利コストのステップアップは非常に小さく、「およそ2.5bpsで、上限はおよそ5bps」であった。さらにFCAは、借り手の持続可能性よりもむしろ人間関係が、SLLへの参加を決定する際の大きな要因となっているとの見方を示した。

FCAは、SLL市場を直接規制するものではないとしながらも、「強固なトランジション・ファイナンスのエコシステムの発展を支援するための更なる措置の必要性を検討することを視野に入れ」、引き続き市場を監視していくと述べている。

書簡はまた、最近改訂されたローン市場協会の持続可能性連動融資原則(SLLP)を、提起された懸念に対処するのに役立つ情報源として強調している。

【参照ページ】
(原文)FCA outlines concerns about sustainability-linked loans market
(日本語訳)FCA、持続可能性リンク・ローン市場に関する懸念の概要を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る