PepsiCo、サプライチェーンにおける再生可能エネルギーへのアクセスを支援するイニシアティブを開始

3月30日、PepsiCoとSchneider Electricは、食品・飲料大手のサプライチェーンが気候に与える影響に取り組む新イニシアティブ「pep+ REnew」の開始を発表した。

本イニシアティブは、再生可能エネルギーの導入を促進することで、より炭素効率の高いフードシステムの構築を目指している。また、PepsiCoのバリューチェーンパートナーに対して、再生可能な電力の選択肢について教育し、電力購入契約(PPA)やその他の再生可能電力調達の選択肢を通じて、再生可能電力への移行を加速することを目的に設計されている。

一般的に、企業のバリューチェーンで発生する排出量は、気候変動への影響において大きな割合を占めるが、企業が直接コントロールできない領域で発生するため、対処が困難な場合が多い。

両社は、中小企業が再生可能エネルギー市場に参入する際の再エネ電気の取引に関する教育面での課題解決に共同で取り組む。Schneider Electricの再生可能エネルギー電気の専門家チームは、再生可能エネルギー電気の集約購入に向けたサプライヤーの進捗を進めるため、教育およびプロジェクト選定プロセスを促進する。

本イニシアティブは、2021年9月に開始されたPepsiCoの「pep+」サステナビリティフレームワークの一部を構成している。本プログラムは、農業慣行、気候、水、包装の持続可能性、消費者の健康など、幅広いESGイニシアチブを包含する。

【参照ページ】
(原文)PepsiCo and Schneider Electric Accelerate Adoption of Renewable Electricity Among Value Chain Partners
(日本語訳)PepsiCo、サプライチェーンにおける再生可能エネルギーへのアクセスを支援するイニシアティブを開始

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    2022-10-3

    オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    9月28日、グローバルファッション通販企業であるSHEINは、2030年までにバリューチェーンの排…
  2. 格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    2022-10-3

    格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    9月、格安航空会社easyJetは、気候変動への影響に対処し、2050年までに排出量ゼロのフライト…
  3. 2022-10-3

    バイデン大統領、米国への投資による国家安全保障リスクを考慮した大統領令に署名

    9月15日、バイデン大統領は、対米外国投資委員会での国家安全保障上のリスクに関する確実な審査のため…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る