米大手保険マーシュ・マクレナン、2050年までのネット・ゼロなど一連の気候変動目標を発表

米大手保険グループマーシュ・マクレナン、2050年までのネット・ゼロ・オペレーションに参画

3月31日、米大手保険グループのマーシュ・マクレナンは2050年までの事業全体でのネット・ゼロ・エミッション達成という目標を含む、一連の気候変動に関する声明を発表した。

マーシュ・マクレナンはまた、2030年までに二酸化炭素排出量の50%削減を掲げる。さらに目標達成のため、グローバルな事業運営において低炭素化戦略の策定・実行を約束した。同社は、科学的根拠に基づく目標設定イニシアチブ(SBTi)に対するコミットメントレターにも署名し、SBTi の目標設定基準に沿って科学的根拠に基づく排出量削減目標の設定に取り組む。

マーシュ・マクレナンの新たな取り組みは、2021 年版 ESGレポートの発表とともに行われ、持続可能な社会の達成に向けた進捗状況を詳細に説明している。報告書では、スコープ1と2および業務渡航の際の排出量を2019年比で15%削減する「2025年目標」の超過達成やグローバル事業におけるカーボンニュートラル認証の取得。世界規模での男女間および非白人と白人の同僚の給与差の1%未満への縮小などを挙げる。

【参照ページ】
(原文)MARSH MCLENNAN CHARTS A PATH TO NET-ZERO ACROSS ITS OPERATIONS BY 2050 | ISSUES SECOND ANNUAL ESG REPORT: ACCELERATING IMPACT
(日本語訳)米大手保険グループマーシュ・マクレナン、2050年までのネット・ゼロ目標を発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る