GM、再生可能エネルギーで米国内の全事業所の電力を供給

GM、再生可能エネルギーで米国内の全事業所の電力を供給

10月26日、自動車大手GMは、2025年までに米国内の全拠点で使用する電力に十分な再生可能エネルギーを確保するという目標を達成し、自動車OEM業界における最大の再生可能エネルギー調達先としての地位を固めたと発表した。

GMは昨年、2025年までに米国内の全拠点で再生可能エネルギーを100%使用する計画を発表しており、そのわずか数カ月前に設定した2030年目標を5年前倒しで達成したことになる。2030年目標は、2040年までにカーボンニュートラルを達成する目標や、2035年までに新車の小型車からテールパイプ排出をゼロにする目標など、一連のサステナビリティに関する公約と同時に発表されたものである。

新しい契約の完了により、GMの再生可能エネルギーのポートフォリオは、10州にわたる16の再生可能エネルギープラントからの調達契約が含まれるようになった。同社は、2017年以降、ポートフォリオからすでに7500万ドル(約110億円)に上るプラスのキャッシュフローを実現しており、今後も継続する見込みであると述べている。

同社は、再生可能エネルギー戦略の主要な柱について、再生可能エネルギーの調達に加えて、エネルギー効率の向上、再生可能エネルギーを中長期的に貯蔵する技術の構築による間欠性対策、カーボンフリーでレジリエントな電力システムを支援する政策の提唱などの取り組みを紹介した。

【参照ページ】
(原文)GM Secures All Energy Needed to Achieve Renewable Energy Goal 25 Years Ahead of Initial Target

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る