EQT、総額2,000億円のサステナビリティ・リンク・ボンドを発行

3月30日、EQTは、投資先企業のサステナビリティ目標に連動した総額15億ユーロ(約2,000億円)のサステナビリティ・リンク・ボンドを発表した。

サステナビリティ・リンク・ボンドは、持続可能な金融商品の中で最も急速に成長している金融商品であり、発行体の特定のサステナビリティ目標の達成度に連動した利払いなどの特性を備えている。

本債権は、同社が設定したサステナビリティ・パフォーマンスの目標に連動する予定だ。サステナビリティ・パフォーマンス目標は、2025年までに、対象となるEQT基金の未公開・上場株式ポートフォリオ企業の40%が、Science Based Target initiative(SBTi)により承認された目標を設定することになる。EQTの目標が達成されない場合、債券の金利は段階的に引き上げられる。

【参照ページ】
(原文)EQT AB (publ) has successfully priced a total of EUR 1.5 billion of sustainability-linked bonds
(日本語訳)EQT AB(publ)、合計15億ユーロの持続可能性関連債券の価格設定に成功

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る