F1、初のインパクトレポート発表

4月16日、フォーミュラ1世界選手権(F1)が、初めて年次のインパクトレポートを発表した。2022年の温室効果ガス排出量は2018年比で13%減少した。F1は2019年に「Net Zero by 2030」戦略を発表し、2030年までにレース車両、施設、出張、物流で用いるエネルギーからの温室効果ガス排出量を2018年比で総量で50%減にし、残りをカーボンオフセットを通じてネット・ゼロにすることを宣言している。

イベント運営での電力の再生可能エネルギー利用率は、2023年にプロモーターでの使用率が2022年の50%から75%に上昇した。F2とF3では、サウジアラムコとのパートナーシップにより、全レース車両が混合率55%のサステナブル燃料を使用している。欧州での輸送では、委託先のDHLが、廃食油由来のバイオ燃料トラックを18台新規導入し、物流関連の二酸化炭素排出量を平均83%までの削減に貢献した。

F1はさらに、長距離出張の削減や、低炭素化のための移動手段の採用を実施している。2024年には、F1大会でレース車両での100%サステイナブル燃料の使用を目指し、2026年には達成を目指している。F2とF3も2027年からは100%サステイナブル燃料に転換していく計画である。

気候変動以外でも、ラスベガスGPでは、大規模な屋外水消費量の節水技術を導入し、最終的には完全なウォーターニュートラルを目指している。また、プロモーター側でも使い捨てプラスチックの削減や、観客移動の公共施設及びカープールの推奨、イベント後に残った食材の寄付など、さまざまな取り組みを行っている。

F1の上位団体であるFIAは、環境認定プログラムを実施しており、F1は2023年にも「FIA三つ星認証」を維持した。全加盟チームが同認証を取得した世界初のモータースポーツ選手権となっている。

【参照ページ】
(原文)F1 makes ‘significant progress’ in sustainability as first Impact Report released
(日本語参考訳)F1、初のインパクト・レポート発表でサステイナビリティに「大きな進展」

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る