A.P. Moller – MaerskとCarbon Sink、戦略的パートナーシップを締結 

 

11月16日、コンテナ物流会社A.P. Moller – Maerskは、米国のプロジェクト開発会社Carbon Sink LLCと、米国で年産10万トンのグリーンメタノール生産設備を開発するための戦略的パートナーシップを締結したことを発表した。

Maerskは、生産されるグリーンメタノールの全量を購入する予定であり、他の場所での後続設備の生産もオプションとして提供し、船隊の脱炭素化の取り組みの一環とするとしている。

Maerskは最近、2025年末までに年間73万トン以上のグリーンメタノールを調達する契約を発表しており、今回の契約はこれに続く8件目のグリーンメタノール契約となる。

今年初め、Maerskは一連の炭素削減目標を発表し、2040年に全事業および全範囲でガス排出量のネット・ゼロを達成すること、また、2030年までに海上輸送船隊のコンテナ輸送量当たりの排出量を50%削減し、完全に管理されたターミナルからの排出量の絶対量を70%削減することを目指している。また、グリーン燃料で運航できる新造船のみを発注する原則を導入している。

【関連記事】
Maersk、グリーン燃料を使用する大型船を6隻受注
Maersk、2040年までにサプライチェーンのネット・ゼロ達成を約束

本合意は、7月に受注した世界初のカーボンニュートラルなメタノール燃料のコンテナ船に続き、メタノール燃料の大型外航コンテナ船8隻、そして先月受注した大型船6隻など、過去数カ月間にMaerskが相次いだクリーン燃料を使用するコンテナ船の受注に対応するものである。Maerskは現在、グリーンメタノールで運航可能なグリーンコンテナ船19隻を発注している。

Carbon Sinkは、商業的に利用可能な技術を使い、再生可能な電力を追加して水の電気分解から得られるグリーン水素と生物起源CO2を組み合わせて、グリーンメタノールを製造すると述べている。最初のプロジェクトで使用するCO2は、レッドリバー・エナジーのバイオエタノール工場から回収した廃棄物CO2で、その排出物をグリーンメタノールに再利用する予定である。

本プロジェクトは、2027年に商業的に開始される予定である。

【参照ページ】
(原文)A.P. Moller – Maersk and Carbon Sink sign strategic partnership to accelerate green marine fuels production
(日本語訳)A.P. Moller – MaerskとCarbon Sink、戦略的パートナーシップを締結 

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る