AllianceBernstein、インパクト・エンジンと提携し、パーパス志向投資サービスの提供を強化

アライアンス・バーンスタイン、インパクト・エンジンと提携し、目的志向型投資サービスの提供を強化

6月23日、AllianceBernstein(AB)は、ベンチャーキャピタルおよびプライベートエクイティ企業のImpact Engine(インパクト・エンジン)と新たな戦略的パートナーシップを締結し、ABのプライベートウェルス事業であるBernstein Private Wealth Managementのインパクト・サービスを強化することを発表した。

2012年にシカゴに設立されたインパクト・エンジンは、女性が経営する企業で、教育、経済力強化、健康、環境のサステナビリティにプラスの影響を与える企業に、企業への直接投資とファンドの両方を通じて投資を行っている。

今回の提携は、ABの目的志向のポートフォリオ「ポートフォリオズ・ウィズ・パーパス」シリーズが過去1年間で37%成長し、AUMが約300億ドル(約4兆円)に達するなど、同社のサステナビリティとインパクトを重視した投資商品への需要が大幅に高まっていることを受けて行われた。

本提携により、ベンチャーキャピタル、グロースエクイティ、バイアウトマネージャーを対象に、環境のサステナビリティ、経済機会、健康の公平性を支援する目的主導型の投資に焦点を当てることになる。

【参照ページ】
(原文)AllianceBernstein and Impact Engine Announce Strategic Partnership

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. EU、グリーンディール産業計画を開始

    2023-2-6

    EU、グリーンディール産業計画を開始

    2月1日、欧州委員会は欧州のネット・ゼロ産業の競争力を強化し、EUの気候ニュートラルへの移行支援を…
  2. UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    2023-2-6

    UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    1月31日、欧州の商業銀行UniCreditは、石油・ガス、発電、自動車など、炭素集約型の一連のセ…
  3. アル・ゴアの気候変動基金、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2023-2-6

    Just Climate、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2月1日、気候ソリューションに特化した投資事業であるJust Climateは、鉄鋼セクターの脱炭…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る