AllianceBernstein、インパクト・エンジンと提携し、パーパス志向投資サービスの提供を強化

アライアンス・バーンスタイン、インパクト・エンジンと提携し、目的志向型投資サービスの提供を強化

6月23日、AllianceBernstein(AB)は、ベンチャーキャピタルおよびプライベートエクイティ企業のImpact Engine(インパクト・エンジン)と新たな戦略的パートナーシップを締結し、ABのプライベートウェルス事業であるBernstein Private Wealth Managementのインパクト・サービスを強化することを発表した。

2012年にシカゴに設立されたインパクト・エンジンは、女性が経営する企業で、教育、経済力強化、健康、環境のサステナビリティにプラスの影響を与える企業に、企業への直接投資とファンドの両方を通じて投資を行っている。

今回の提携は、ABの目的志向のポートフォリオ「ポートフォリオズ・ウィズ・パーパス」シリーズが過去1年間で37%成長し、AUMが約300億ドル(約4兆円)に達するなど、同社のサステナビリティとインパクトを重視した投資商品への需要が大幅に高まっていることを受けて行われた。

本提携により、ベンチャーキャピタル、グロースエクイティ、バイアウトマネージャーを対象に、環境のサステナビリティ、経済機会、健康の公平性を支援する目的主導型の投資に焦点を当てることになる。

【参照ページ】
(原文)AllianceBernstein and Impact Engine Announce Strategic Partnership

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る