花王、ファンデーションの中皿にケミカルリサイクルPET素材を採用

花王、ファンデーションの中皿にケミカルリサイクルPET素材を採用

6月16日、花王株式会社はメイクブランド「メディア」の新商品をはじめとするパウダーファンデーションの中皿に株式会社JEPLANが所有するケミカルリサイクル技術を用いて、同グループ会社のペットリファインテクノロジーが製造するケミカルリサイクルPET素材を採用すると発表した。

同社は2021年6月から化粧品ブランド「TWANY」のスキンケア容器からケミカルリサイクルPET素材の採用を開始し、対象ブランドの拡大を行ってきた。また、JEPLANと協働して店頭で回収した顧客の使用済み化粧品プラスチックボトルを用いて、“ボトルからボトル”への水平リサイクルに向けた実証実験を行っている。

パウダーファンデーションについてはこれまでバージンPETやアルミ素材を利用してきたが、今回からより環境負荷の少ないケミカルリサイクルPET素材を採用したという。

【参照ページ】
花王、ファンデーションの中皿にケミカルリサイクルPET素材を採用

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る