通信大手Verizon、2030年までに電気使用量の100%を再エネで賄うことを約束

Verizon、2030年までに電気使用量の100%を再エネで賄うことを約束

2月10日、通信大手のVerizonは、2025年までに年間総電力消費量の50%に相当する再生可能エネルギーを調達または発電するという目標を上回るペースで達成したため、2030年までに100%に到達する新たな目標を設定したと発表した。

本目標は、Verizonの2023年グリーンボンド・インパクト・レポートの発表と同時に発表され、同社が2022年3月に発行した最新のグリーンボンドからの収益10億ドル(約1,338億円)を完全に配分したことが示された。

同社のグリーンボンドによる収益は、仮想電力購入契約(VPPA)に全額割り当てられ、合計850MWの新たな再生可能エネルギー発電設備となる。設備は約71%が風力発電、29%が太陽光発電によるもの。2022年のグリーンボンドの募集は、Verizonにとって4回目となる。

先月、同社は一連の新しい再生可能エネルギー契約を発表し、再生可能エネルギーの予測発電容量は3GW以上となり、70万7000世帯以上の電力に相当するようになった。

【関連記事】通信大手Verizon、新たな大規模買取契約により再エネ容量予測3GWを突破

【参照ページ】
(原文)Verizon completes final allocation of its fourth $1 billion green bond
(日本語参考訳)Verizon、2030年までに電気使用量の100%を再エネで賄うことを約束

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る