CCEP Ventures、CO2のアップサイクルのための新パートナーシップに投資

CCEP Ventures、CO₂のアップサイクルのための新しいパートナーシップに投資

2月2日、コカ・コーラ・ユーロパシフィック・パートナーズ(CCEP)のイノベーション投資部門であるCCEP Ventures(CCEPV)は、スペインのタラゴナにあるロビラ・イ・ビルジリ大学(URV)およびオランダのトゥエンテ大学(UT)の欧州研究グループと新たに提携し、炭素回収技術に関する研究を加速させると発表した。

これらの研究開発プロジェクトを通じて、CCEPVは、回収したCO2を包装材や砂糖などサプライチェーンに役立つ製品に転換し、コカ・コーラの清涼飲料水の炭酸化への使用や、工場の動力源となる合成燃料を製造する方法を探る。本研究は、現場で使用できる新技術の開発を目指しており、より持続可能な未来をサポートするためのCCEPVの一連のパートナーシップの中で最新である。

炭素回収は、気候変動に取り組むための重要な方法である。排出源や大気中に存在するCO2を回収し、燃料や原料、包装などの他の商品の生産に利用することで効果を発揮する。後者はリサイクルも可能で、真に持続可能な循環型の未来に貢献するものである。

これらのパートナーシップは、CCEPが2040年のネット・ゼロの野望を達成するために支援できる変革的なソリューションを見つけ、資金を提供し、育成するCCEPVの取り組みの一部である。2020年、CCEPVは、プラスチック・ポリエステル廃棄物のリサイクルに取り組むスタートアップCuRe Technologyへの資金提供を発表した。2022年には、カリフォルニア大学バークレー校のPeidong Yang研究グループとのパートナーシップを発表し、CO2を糖に変換する拡張性のある方法を開発すると発表している。

CCEPV は、2030 年までに CCEP のバリューチェーン全体で GHG 排出量の絶対量を30%削減する目標に近づくため、さらなるパートナーシップの機会を積極的に模索し続けている。

【参照ページ】
(原文)CCEP Ventures invests in new partnerships to upcycle CO₂
(日本語参考訳)CCEP Ventures、CO₂のアップサイクルのための新しいパートナーシップに投資

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る