資産運用会社LOIM、持続可能な食糧システムの変革に向けた新戦略を発表

 

7月8日、世界的な資産運用会社であるLombard Odier Investment Managers(LOIM)は、持続可能な食糧システムの変革機会をターゲットとする「新食糧システム」戦略を発表した。

本戦略は、温室効果ガス(GHG)排出の24%、森林劣化の90%、生物多様性損失の25%を占める、地球環境への影響の最も大きな要因の1つである農業、林業、その他の土地利用システム(AFOLU)に焦点を当てる。

LOIMは、2030年までに10億ヘクタールの土地を自然に還す必要があり、現在、全可住地の50%を占める農地は20%縮小する必要があると見積もっている。

本ファンドが対象とする主なサブテーマは、生物学的および合成の投入物、持続可能な養殖製品、グリーン肥料を生産する企業を含む持続可能な食品生産、電化農具、新しい形の食品包装やソリューションなどの実現可能なソリューション、消費者向け企業、製造、小売、食品提供などの持続可能な食品消費である。

【参照ページ】
(参考記事)LOIM Targets Sustainable Food Transformation Opportunities With New Investment Strategy

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る