Electrolux、海上輸送の25%に低排出ガス燃料を使用

Electrolux、海上輸送の25%に低排出ガス燃料を使用

3月23日、家電メーカーのElectroluxは、海運会社のMaersk および CMA CGMグループと、同社の海上輸送の25%に持続可能な燃料を使用することを可能にする契約を締結したと発表した。この契約により、Electroluxの海上輸送における温室効果ガス(GHG)排出量は今年中に15%削減される予定だ。

Electroluxは、2025年までに輸送時の排出量を50%削減することを目指しており、今回の合意はこの目標達成に貢献するものであると述べている。

今回の合意によりElectroluxは、使用済み食用油などの認定廃油を原料とするMaerskのバイオ燃料と、LNG(液化天然ガス)およびバイオメタン起源保証のCMA CGMのソリューションを使って、20フィート換算コンテナ(TEU)8万個の輸送を行うことが可能になる。

Electroluxによると、Maerskの第2世代バイオ燃料は使用済み食用油と標準燃料を混合したもので、バンカー燃料と比較してGHG排出量を88%削減、CMA CGMグループのCLEANER Energy LNGソリューションはバンカー燃料と比較してGHG排出量を25%削減することができるという。

【参照ページ】Electrolux reduces sea transport emissions by 15% in 2022

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    2022-12-1

    オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    11月30日、オーストラリア健全性規制庁(APRA)が発表した新しい調査によると、オーストラリアの…
  2. カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    2022-12-1

    カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Car…
  3. スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    2022-12-1

    スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    11月22日、スウェーデン銀行は、貸付ポートフォリオに関する新たな脱炭素化目標を発表し、2030年…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る