bp、日本の洋上風力発電市場に参入。丸紅と提携

bp、日本の洋上風力発電市場に参入

3月23日、イギリスのエネルギー大手bpは、丸紅と戦略的パートナーシップを締結し、日本における洋上風力発電の開発、および水素プロジェクトを含む他の脱炭素化関連ビジネスへの展開を検討すると発表した。

bpは、丸紅が計画している日本沿岸の洋上風力発電プロジェクトの49%の株式を購入する予定だ。丸紅は、日本における洋上風力発電のリーディングカンパニーであり、日本初の大型商業洋上風力発電プロジェクトである秋田沖140MW洋上風力発電プロジェクトの開発・許認可・建設における主要パートナーでもある。

今回の提携は、日本が再生可能エネルギー容量の急速な拡大を目指し、洋上風力発電市場が大きく成長することを見据えたものだ。2021年7月、政府はエネルギー戦略の詳細を明らかにし、2030年までにエネルギーミックスに占める再生可能エネルギーの割合を現在の20%未満から36%~38%におよそ倍増させる計画を盛り込んだ。日本は2050年までにネット・ゼロエミッションを達成することを約束しており、2030年までに温室効果ガス排出量を46%削減するという中間目標を掲げている。

2020年、日本は国内の洋上風力発電容量を2030年までに10GW、2040年までに45GWまで拡大する目標を設定したが、当時はわずか70MWだった。ロシアのウクライナ侵攻を受けて、萩生田光一経済産業大臣は輸入エネルギーへの依存を減らすために、再生可能エネルギーの導入計画を加速する可能性を示した。

bpは自社事業において、2020年に国際石油会社から総合エネルギー企業への転換を図る長期戦略を打ち出し、石油・ガスの生産を長期的に削減する一方で、低炭素エネルギー源への投資を拡大する目標を掲げている。最近では、バイオエネルギー・利便性・電気自動車(EV)充電・再生可能エネルギー・水素などの「移行成長事業」の設備投資全体に占める割合を、2025年までに40%以上、2030年までに50%程度に引き上げる計画であり、2030年までに再生可能電力容量50GWの達成を目指すと発表している。

【参照ページ】
(原文)bp and Marubeni form strategic partnership to pursue offshore wind in Japan
(日本語訳)bp、日本の洋上風力発電市場に参入

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る