Ventas、2040年のネット・ゼロ達成に向けクリーンエネルギーと電化に投資

Ventas、2040年のネットゼロ達成に向けクリーンエネルギーと電化に投資

3月21日、不動産投資信託であるVentasは、オフィスおよびシニア住宅運営ポートフォリオを含め、2040年までに事業活動における炭素排出量をネット・ゼロにするという新たなサステナビリティへのコミットを発表した。

Ventasはこの新しい目標を達成するために、再生可能エネルギー・エネルギー効率・電化など、対象となるポートフォリオで推進する一連の取り組みについて概要を説明した。同社は、2030年までに再生可能エネルギーの調達を60%、2035年までの100%達成を目指しており、自家発電や電力購入契約などを検討する計画だ。Ventasは2018年以降、エネルギー効率の向上に6,000万ドルを投資しており、今後も同様のペースでエネルギー効率への投資を継続する見込みで、2025年までに物件タイプ別にネット・ゼロカーボン対応のエネルギー効率目標を策定するコミットメントを発表している。

また、高効率空調システムや電気式空調システムなど、脱炭素化・電化のための設備投資にも取り組んでいる。これらの取り組みで対応できない残余の排出量は、カーボンオフセットを購入することで軽減する。

Ventasによると2040年に向けたコミットメントは、2030年までに炭素排出量を30%削減するという2021年に採択されたSBTi(Science-Based Target initiative)検証済みの炭素削減目標を上回るものだという。

【参照ページ】
 Ventas Commits to Achieve Carbon Neutral Operations by 2040

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る