カナダ、約5,000億円のグリーンボンドを発行。2030年までに排出量を40〜45%削減

 

3月23日、カナダ政府は、グリーンインフラやその他の気候・環境保護関連事業への投資資金として50億カナダドル(約4,852億円)を調達し、第1回グリーンボンドの募集を完了したことを発表した。

政府の発表によると、この債券に対する需要は旺盛で、募集の2倍以上の110億ドル(約1兆670億円)以上のオーダーブックが集まった。環境と社会に配慮した投資家が購入者の72%を占め、海外投資家が45%を占めた。

カナダは、昨年4月に発表した2021年度予算において、2050年までにネット・ゼロを達成し、2030年までに排出量を40~45%削減するという同国の気候・環境目標達成のための資金調達として、初のグリーンボンドを発行する方針を発表している。政府は6月、この募集のストラクチャリング・アドバイザーとしてHSBCとTD証券を任命し、グリーンボンドの枠組み設計に関する助言、進行中のプログラムの開発支援、初回発行のサポートを行っている。

今月初めに発表されたカナダのグリーンボンド・フレームワークは、今回の調達資金の適格支出分野、プロジェクトの評価・選定に用いられるプロセス、配分および影響報告義務について概説している。本フレームワークで投資対象となるのは、クリーンな輸送手段、生きた天然資源と土地利用、エネルギー効率、陸上と水中の生物多様性、再生可能エネルギー、気候変動への適応、持続可能な水と廃水管理、循環経済に適応した製品・生産・技術・プロセス、汚染防止と制御などである。

【参照ページ】
(原文)Canada issues inaugural green bond
(日本語訳)カナダ、50億ドルのグリーンボンドを発行

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る