カナダ、約5,000億円のグリーンボンドを発行。2030年までに排出量を40〜45%削減

 

3月23日、カナダ政府は、グリーンインフラやその他の気候・環境保護関連事業への投資資金として50億カナダドル(約4,852億円)を調達し、第1回グリーンボンドの募集を完了したことを発表した。

政府の発表によると、この債券に対する需要は旺盛で、募集の2倍以上の110億ドル(約1兆670億円)以上のオーダーブックが集まった。環境と社会に配慮した投資家が購入者の72%を占め、海外投資家が45%を占めた。

カナダは、昨年4月に発表した2021年度予算において、2050年までにネット・ゼロを達成し、2030年までに排出量を40~45%削減するという同国の気候・環境目標達成のための資金調達として、初のグリーンボンドを発行する方針を発表している。政府は6月、この募集のストラクチャリング・アドバイザーとしてHSBCとTD証券を任命し、グリーンボンドの枠組み設計に関する助言、進行中のプログラムの開発支援、初回発行のサポートを行っている。

今月初めに発表されたカナダのグリーンボンド・フレームワークは、今回の調達資金の適格支出分野、プロジェクトの評価・選定に用いられるプロセス、配分および影響報告義務について概説している。本フレームワークで投資対象となるのは、クリーンな輸送手段、生きた天然資源と土地利用、エネルギー効率、陸上と水中の生物多様性、再生可能エネルギー、気候変動への適応、持続可能な水と廃水管理、循環経済に適応した製品・生産・技術・プロセス、汚染防止と制御などである。

【参照ページ】
(原文)Canada issues inaugural green bond
(日本語訳)カナダ、50億ドルのグリーンボンドを発行

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る