AMX、年金基金向け気候変動報告ハブを開設

AMX、年金基金向け気候変動報告ハブを開設

3月22日、The Asset Management Exchange(AMX)は、気候関連のリスクと機会に関する報告について、急速に高まる規制要件に年金受託者が対応できるようにすることを目的とした気候変動報告ハブ「AMX Zero」の立ち上げを発表した。

本ハブは、年金基金が気候変動に対処し、ポートフォリオの持続可能性を実証するための規制が強化されていることを受けて開設された。英国の大規模年金基金では、2022年後半までに、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の勧告に沿って、ポートフォリオ内の気候変動の財務リスクについて報告することが求められ、その後、小規模年金基金も同様の要件を満たすことが予想され、今後数年間で他の管轄区域のファンドにも同様の要件が課される予定である。

AMXによると、本ハブは、年金基金に代わって気候変動報告のためのデータを接続・収集する複雑さを管理することを目的としており、基金のESGサービスプロバイダーを接続するための単一の場所を提供し、基礎データ、排出量、インデックス、ポートフォリオデータを接続する。本ハブでは、TCFD報告書の作成に使用される5つの標準的な指標が作成され、ユーザーはAMXの標準的なTCFD報告書を使用することができるようになる予定だ。

【参照ページ】
(原文)AMX launches climate reporting hub, helping pension funds meet climate reporting requirements
(日本語訳)AMX、年金基金向け気候変動報告ハブを開設

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る