AlstomとEngie、鉄道貨物分野の脱炭素に向け、パートナーシップを締結

モビリティ・ソリューション・プロバイダーAlstom、電力会社Engie、再生可能な水素で機関車を駆動するために提携

4月6日、AlstomとEngieは、ディーゼル機関車を水素仕様に置き換えることで、鉄道貨物分野に脱炭素ソリューションを提供するパートナーシップ契約の締結を発表した。本ソリューションの対象市場は、欧州の鉄道貨物主要国である。

本パートナーシップの下、Alstomは、鉄道網の非電化区間で電気機関車に電力を供給できる高出力燃料電池システムをベースとした水素ソリューションを設計する予定である。Alstomは、本契約が研究開発投資の強化計画を含む「Alstom in Motion 2025」戦略プランに沿ったものであり、昨年の燃料電池メーカーHelion Hydrogen Power社の買収に続くものであるとしている。

ENGIEは、本ソリューションのために再生可能な水素を供給する。同社は、再生可能エネルギーとエネルギーソリューションへの大規模な投資計画とともに、2030年までに4GWのグリーン水素容量を開発するビジョンを掲げ、4GWの再生可能な水素製造能力の開発を行う。

【参照ページ】
(原文)Alstom and ENGIE sign a partnership to supply a fuel cell system with renewable hydrogen for use in European rail freight
(日本語訳)AlstomとEngie、鉄道貨物分野の脱炭素に向け、パートナーシップを締結

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る